さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2017年05月25日

チューリップ

    

 チゴユリやニリンソウ、スズランなど野の花が庭中を占めているなかで、
チューリップが咲くだけで、かわいい庭に見えてくるから楽しい。  

Posted by chi at 13:22Comments(0)

2017年05月23日

タンポポ

  

  

Posted by chi at 14:03Comments(0)

2017年05月21日

クマザサ

   

 午後から曇、雷鳴が響き、ひと雨きた。
 家への入口の土手にくすんだ色の小穂を見つけた。何んだろうと手にとってみると
クマザサの花だった。数十年に一度花をつけると聞いているので、珍しいことなのだ。   

Posted by chi at 14:42Comments(0)

2017年05月19日

ニセコアンヌプリ

     

 残雪のニセコアンヌプリが、青い空にたおやかな姿を見せている。
 カッコウとツツドリの初鳴きを聞く。  

Posted by chi at 16:33

2017年05月17日

キビタキ

   

 居間の窓越しに見えるニワウメの折れて枝先に、ひょいと止まったのは胸元が黄色いキビタキだった。
ほんの目の前で、うつくしい鳥をみられて幸運だった。半日ほどは木から木へと飛び交って遊んでいった。  

Posted by chi at 13:42Comments(0)

2017年05月16日

ヒメオドリコソウ

   

 近くに、ヒメオドリコソウの群生しているところがあ2ヶ所あって、通る度に足をとめている。
 雨模様の寒い日が続いているので、レタスの苗は新葉が出せずに震えているように見える。
食べられるのはいつになるのかな。  

Posted by chi at 13:55Comments(0)

2017年05月14日

ミニバラ

   

 あらためて母の日であることを実感する。
近くにいる子供からは「恋する指先化粧箱」を、遠くに住む子供からは「ミニバラの鉢」
を贈られた。元気で、素敵なプレゼントを受け取ることのしあわせを感じている。  

Posted by chi at 14:07Comments(0)

2017年05月12日

シロバナエンレイソウ

    

 サンモリッツ大橋を渡って国道に出る角地にカラマツ林がある。
新芽が吹き出して緑色をした林は清々しく、思い切り深呼吸がしたくなる。
林の下には、葉をひろげてシロバナエンレイソウが咲きはじめている。
  

Posted by chi at 13:58Comments(0)

2017年05月10日

羊蹄山

     

      残雪の羊蹄山  

Posted by chi at 13:41Comments(0)

2017年05月09日

ウド

     

 旬のウドが1本ある。酢味噌和えにして味と香りをたのしもう。
葉先はてんぷらがいい。
 ウグイスがホーホケキョと上手にないた。  

Posted by chi at 14:25Comments(0)

2017年05月08日

ヤナギ

  

 ゴールデンウイークが終わってヒラフのスキー場は、リフトが止まり静かになった。
私は、庭中にはびこったビンカとドクダミの根を掘り起こして引き抜く仕事が終わって、
ほっとしたところ。土をならして何を植えようかと考え中。
 道路脇の溝に生えているヤナギが尾状花序をつけているのが目についた。  

Posted by chi at 13:49Comments(0)

2017年05月07日

いかめし

     

 普段は思いつかないというか目にしない、いかめしを2本貰う。
函館産のもので、醤油味がしみこんでおいしかった。札幌のKeikoさんは
気が向くと作っていると聞いたので、私もやってみようと考えたけれど、
いかが不漁で  値段が高いというからどうしよう。  

Posted by chi at 13:57Comments(0)

2017年05月06日

シラネアオイ

    

 うらの林の入り口にシラネアオイが咲いている。これは、ウルリーさんのところの花で、根づいて
くれてよかった。近くの桜が咲きはじめたのに、今日は雨と風で花見を楽しむことができず残念。    

Posted by chi at 13:23Comments(0)

2017年05月05日

キンクロハジロ

     

 端午の節句だが、この辺では鯉幟がみられなくてさびしい。
 尻別川を堰き止めいぇいるダムの手前、ゆったりした流れに水脈をつけて、キンクロハジロが
およいでいる。黒と白のコントラストが美しい。EMIちゃんと双眼鏡で姿をとらえしばし眺めた。  

Posted by chi at 09:58Comments(0)

2017年05月03日

桜饅頭

     

 KIYOEさんが梅月の桜饅頭を下げてこられた。桜の花びらの塩漬けとなかの白あんの甘さがマッチしておいしい。
 今日は一月前取りしたような暖かさになり、ここから見えるニセコアンヌプリ麓の山桜は蕾をふくらませているだろう。  

Posted by chi at 13:47Comments(0)

2017年05月02日

カタクリ

   

 カタクリは、朝のうちはうつむいているが、明るさを増すにつれて花弁が動く。
あちこちのカタクリは満開のようだが、うらの沢に降りる斜面はこれからなので
楽しみにしている。タンポポ前線、今朝わが家に到着。いよいよ春本番だ。  

Posted by chi at 12:05Comments(0)

2017年05月01日

水仙

  

 五月の空は雲の動きが速い。芽吹きのはじまった白樺の梢が
大きく揺れている。八重咲きの水仙がいっせいに咲きだした。  

Posted by chi at 14:10Comments(0)

2017年04月28日

キクザキイチゲ

     

 ちょっと行った先のうどん屋さんの広い前庭が緑色になっていた。ひと雨で芝がぐんとのびたのだ。
橋を渡った先の道路脇にキクザキイチゲとエゾエンゴサクが咲いているのを見つけた。  

Posted by chi at 13:48Comments(0)

2017年04月24日

ハンノキ

     

 家の前の木立に一本のハンノキがある。先日の嵐で枝折れが地面に散らばっていたのを、水に差しておいた。
雄花序がほころんでぶらりと垂れ下がった。いまに、黄色い花粉をとばすのではないだろうか。
 今朝はつよい霜がおりて向かいの畑は一面白くなり、庭の土には霜柱が立っていた。まだ寒い。  

Posted by chi at 13:52Comments(0)

2017年04月21日

タケノコ

    

 恵美ちゃんが存在感のある立派なタケノコを持ってきてくれた。初物でうれしい。
さっそくお米のとぎ汁であく抜きをする。まずはタケノコご飯を作ろう。
 家の近くでキジバトがないた。  

Posted by chi at 17:21Comments(0)