さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2005年10月31日

おけさ柿

kaki.jpg

家の前もうらの雑木林も裸木が多くなり見通しが良くなった。窓ごしに見える空は雲の往き来が慌ただしい。スーパーに柿がたくさん並んでいる。庄内柿、富有柿、おけさ柿とあって、どれを買おうかと迷う。母の生家である岐阜の谷汲に10年以上前に行ったことがあるが、電車の窓から手で取れそうなところに鈴なりの富有柿を見た。そのあと谷汲神社の参道で食べたことを想い出す。  

Posted by chi at 16:18Comments(0)

2005年10月30日

ホウの実

hohnoki.jpg

家の横にホウの実が落ちていた。裏の沢にはホウの木があるが、家のまわりに実が落ちることはない。不思議なこともあると思っていたが、もしやカラスの仕業ではないか。  

Posted by chi at 19:25Comments(0)

2005年10月29日

イチジク

itijiku.jpg

近所にお住まいの方から山形産のイチジクをいただく。あちらでは家ごとイチジクの木が植えてあるとのこと。早速食べてみた。柔らかい甘みで美味しかった。  

Posted by chi at 14:42Comments(0)

2005年10月28日

ロールキャベツ

kyabetu.jpg

枯葉が舞い冬の前ぶれのような寒い日。こんな日にはキャベツの葉にひき肉を巻いて作るロールキャベツがおいしい。手間をかけてゆったりとした気持ちで作る時間を楽しむのもいい。  

Posted by chi at 17:40Comments(4)

2005年10月24日

kinoko.jpg

あけがた目を覚まして空を見上げると、オリオン座が輝いていた。いつもの年より暖かいせいか、家の前にある白樺の根元に薄紫の茸がたくさん出ている。一瞬花かと見紛う。多分ムラサキシメジと思う。シメジご飯でも作ろうかと考えている。  

Posted by chi at 17:27Comments(0)

2005年10月23日

ハラベーニョ

hirihiri.jpg

Keikoさんがニセコ道の駅で買ったと言ってハラベーニョを数個くれた。世界一辛いと言われている野菜。これをオリーブオイルに漬けておいて、料理に使うといいと言われたので早速オイルに漬ける。見かけは小さなピーマンそっくり。二つに割ってなかの種を素手で除きはじめると、手がひりひりと痛くなってきた。これは凄い。  

Posted by chi at 17:32Comments(4)

2005年10月22日

チゴユリ

tigoyuri.jpg

6月のはじめ頃下向きに白い花をつけていたチゴユリは、いま黒い実を結んでいる。  

Posted by chi at 17:10Comments(0)

2005年10月21日

スズラン

suzuran.jpg

庭の片隅にスズランが赤い実をつけていた。  

Posted by chi at 13:37Comments(0)

2005年10月20日

ナンバンハコベ

nanbanhakobe.jpg

庭の枯れた枝を片づけたり軒下にあるミヤギノハギやカエデを移しかえたりする。雪虫がふわふわと目の前を飛んでいる。散策路の入り口あたりで、ナンバンハコベがつるを延ばして黒い実をつけていた。  

Posted by chi at 17:58Comments(0)

2005年10月19日

イタヤカエデ

kaede.jpg

今朝は2度目の降霜があり地面も草地も白くなっていて、ニセコアンヌプリの上に残月が白く浮かんでいた。家の前のイタヤカエデの黄葉が陽光を透してきれいだ。外で転がっていた虫を見つける。日当たりのいいところに置いたら、元気に動きはじめた。メノコツチハンミョウという。アイヌ語をそのまま学名につけていると図鑑にあった。メノコ土斑猫。  

Posted by chi at 17:20Comments(0)

2005年10月18日

月食

gesyoku.jpg

昨夜の9時頃に丁度雲間から現れた満月を見る。部分月食で下の方が欠けているのがはっきり判った。欠け方は最大で6.8%という。  

Posted by chi at 13:44Comments(1)

2005年10月17日

kiku.jpg

まだ強い霜が降りていないので、庭の小菊は色と香りを失わずに咲いている。ベニイタヤの黄葉が盛りで、イタヤカエデは葉先が黄色くなり緑との対比が美しい。  

Posted by chi at 13:45Comments(0)

2005年10月15日

落ち葉

houki.jpg

落ち葉を掃くのが朝の日課になる。芝生を短く刈ってあるので掃きやすい。春のきらめくような新緑と、夏の濃い緑の葉を繁らせて気持ちの良い木陰を作ってくれたことを思い、ありがとうの意味を込めて箒を動かす。  

Posted by chi at 13:46Comments(2)

2005年10月14日

ヤブサメ

yabusame.jpg

ヤブサメが笹藪のなかでせわしなく飛び廻っている。私のことなど眼中にない。ときどきチッチッとなく。午後から雨。  

Posted by chi at 13:38Comments(3)

2005年10月13日

イタドリ

itadori.jpg

朝、林の小道は地面が濡れていた。ナナカマドの葉と実が赤い。イタドリは葉を落としてしまってが、実はしっかり枝についている。  

Posted by chi at 17:22Comments(0)

2005年10月12日

ジャケット

jaket.jpg

Junさんにいただいたジャケットを着て、神仙沼を歩いてきた。軽くて暖かいのと、ご厚意が嬉しくて落ち葉を踏みしめてどんどん歩けた。  

Posted by chi at 13:30Comments(0)

2005年10月11日

落ち葉

otiba.jpg

朝の散歩をする。雑木林のなかでは朝露が笹の葉先で光っている。落ち葉も濡れて鮮やかな色が足を止めさせる。  

Posted by chi at 17:23Comments(2)

2005年10月10日

ヤマボウシ

yamabousi.jpg

アケビと一緒にいただいた、ヤマボウシの実。  

Posted by chi at 11:48Comments(0)

2005年10月08日

アケビ

akebi.jpg

近くに住んでいる人からアケビとヤマボウシの葉と実をいただく。山形の野山に生えているのを移植したとのことだが、アケビは北海道の方が実が大きいと言っていられた。  

Posted by chi at 13:38Comments(0)

2005年10月07日

カメムシ

kamemusi.jpg

太陽のひかりに誘われるように、山の方からツノアオカメムシが飛んできて窓ガラスにとまる。今年はカメムシの当たり年かも知れない。  

Posted by chi at 17:11Comments(0)