さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2006年04月30日

ペチニュア

petinia.jpg

 友人がハウスで作ったという花と野菜の苗を買ってきて1鉢づつ置いていってくれる。玄関脇にひと足早く春が来たようでうれしい。  

Posted by chi at 13:31Comments(0)

2006年04月29日

スイトピーの莢

saya.jpg

 体内時計が正確に時を刻みはじめたようだ。今朝の日の出は4時30分。その通りに目が覚めた。あの枯れはじめていたスイトピーを捨てずに水にさしておいたところ、いつの間に莢をつけていた。  

Posted by chi at 17:20Comments(0)

2006年04月28日

カワラヒワ

hiwa.jpg

 野鳥の動きが活発になってきて、うらの雑木林にも群れてとんでくる。カワラヒワとアオジがおおい。林の中には残雪が50センチくらいあるが、木の根あきの所にもぐり込んで餌をさがしている。  

Posted by chi at 14:34Comments(0)

2006年04月27日

フキノトウ

fuki.jpg

 さいたまに住む娘のところへ出かけ、昨日数日ぶりに戻る。雪解けが進んでいてフキノトウが花開いたり、水仙の芽がつんつんと5、6センチのびていた。  

Posted by chi at 17:54Comments(1)

2006年04月18日

スイートピー

hana.jpg

 ニセコアンヌプリの麓に住む友人が、久しぶりに花束を抱えて訪れる。スイートピーの優しい色合いが部屋を明るくしてくれる。  

Posted by chi at 17:25Comments(0)

2006年04月15日

ハナイカダ?

ikada.jpg

 札幌に住む花好きの友人から「ふしぎな花が咲きました」と押し花にして送ってくる。花の名前を知りたいということだが、花がつぶれていてよく分からない。図鑑を見ると「ハナイカダ」に近いが葉に鋸歯がないので少し違う。何だろう。  

Posted by chi at 13:47Comments(0)

2006年04月13日

ギョウジャニンニク

negi.jpg

 小川原脩記念美術館が展示替えをしたというので観に行く。静かな空間の中で、ゆっくり絵を見る。その帰り知人宅に寄り、雪の消えた地で採れたというギョウジャニンニクをもらう。夕食に玉子とじで食べる。まだ若いので臭みは少く柔らかい。  

Posted by chi at 19:06Comments(0)

2006年04月13日

ハクセキレイ

sekirei.jpg

 春になったというのに野鳥の姿を見ることが例年より少ない。まだ雪がたくさん残っているせいかも知れない。今朝はハクセキレイがとんできて、地面を流れている雪どけ水をのんでいた。  

Posted by chi at 13:49Comments(2)

2006年04月12日

アオサギ

sagi.jpg

 雪を融かす風が木々の梢を大きく揺らしている。アオサギがニセコアンヌプリの山麓に向かってゆったりと羽搏いていった。  

Posted by chi at 19:11Comments(0)

2006年04月11日

ジャガイモ

imo.jpg

 朝の気温がやっとプラスになり、吹く風にも暖かさを感じる。わが家の一番寒い物置においてある野菜たちが芽を出しはじめた。ジャガイモの芽を深く掻いてから、いも団子を作った。フライパンにバターを溶かして両面焼くと美味しい。  

Posted by chi at 15:02Comments(0)

2006年04月10日

マンゴー

mango.jpg

 前にもスケッチしたことがあるが、目の前にあるマンゴーを見ると、やはり描きたくなる。赤い色から若緑色への変わり目がきれいだ。風もなく柔らかい日差しがすべてを包み込んでいるような、やさしい風景が窓の外に広がっている。  

Posted by chi at 14:41Comments(0)

2006年04月09日

黒がれい

karei.jpg

 まだ名残り惜しそうに雪がちらついている。もう、きっぱりと立ち去ってほしいものだ。魚の煮付けが食べたくなり、近海物の黒がれいを1枚買ってくる。魚は新鮮で目が黒く光っていた。  

Posted by chi at 14:43Comments(2)

2006年04月08日

エゾリス

risu.jpg

 台所の窓を通して、うっすらと積もった雪の上に足跡がある。目を上げると、エゾリスが切り株の上にのって細い枝の芽を食べていた。  

Posted by chi at 15:53Comments(0)

2006年04月07日

線香

kou.jpg

 先日、友人から京都松栄堂のお香をいただく。箱を開けてみると菊模様の受け皿の上に線香が段重ねに入っていた。火をつけなくてもいい匂いが部屋の中に広がった。  

Posted by chi at 13:54Comments(0)

2006年04月06日

キジバト

kijibato.jpg

 家の前にある白樺にキジバトが1羽とんでくる。今年になって初めて見たが、寒いせいか羽をふくらませ枝にとまっている。胸毛が淡いピンク色で美しい。  

Posted by chi at 13:51Comments(0)

2006年04月03日

図書カード

tosyoken.jpg

 札幌時計台ギャラリーの徳丸滋展が終わり1週間ぶりに家に戻る。会期中も雪のちらつく日が続いて、家のまわりの積雪も増えていた。この春は雪解けが遅い。ファーブル昆虫記第1巻を読んでいる。なんといってもフンコロガシが面白い。読者サービスで図書券をもらう。  

Posted by chi at 18:28Comments(2)