さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2007年03月31日

ハマナス



 薄日が時々差し春めいた日になる。
家の前は舗装が出て雪解水が筋を作って流れている。
軒下の雪も嵩が減って、トゲトゲのハマナスの枝が現れた。  

Posted by chi at 13:39Comments(0)

2007年03月29日

羊蹄山



 青空のなかに真っ白い羊蹄山が大きく立ち上がって見えるのもいいけれど、
今朝のように青墨の濃淡で描かれたようなやわらかい空と山は、情緒があって心が和む。  

Posted by chi at 15:35Comments(0)

2007年03月28日

おにぎり



 昨夜「かもめ食堂」という日本映画をテレビで見る。
フィンランドで日本女性が、おにぎりを食べさせたい
というこだわりを持ち、食堂を営む話である。
その中でおにぎりを作るシーンがとてもよかった。
今日の昼食はおにぎりにした。  

Posted by chi at 14:28Comments(0)

2007年03月25日

シマエナガ



 早朝の雨がやんだあと、白い霧が立ち籠め幻想的な白い風景が午前中続いた。
霧がうすらぎ日が差してくると、気温がぐんぐん高くなり10度を超した。
シマエナガが群れながら家の前の木々にとんできて、枝から枝へと移っていく。  

Posted by chi at 18:50Comments(0)

2007年03月23日

ジャンボどらやき



 直径が14センチもあるジャンボどらやきをもらう。
粒餡がたっぷり入っていて、3人分はある。
2年程前に菓子工場へ見学に行った時、どらやきが流れ作業で
焼き上がってくるのを見たことがあるが、これはどの様な工程を経たものだろうか。  

Posted by chi at 19:12Comments(2)

2007年03月22日

スキー



 午後から道路の向こう側に渡って、広い雪原をスキーで歩く。
突き当たったところが雑木林で、その先は落ち込み函館本線の線路がある。
さらにその先に尻別川がゆったりと流れていた。
風はまだ頬につめたく野鳥の声も聞こえない。
ツルアジサイの枯れた花がかさかさ鳴っていた。  

Posted by chi at 16:45Comments(0)

2007年03月20日

ゼラニューム



 お彼岸というのに雪が降りしきり、向かいの家が紗をかけたように霞んで見える。
窓辺に置いたゼラニュームの花に目を転じると、赤い色が一層鮮やかに映る。  

Posted by chi at 14:29Comments(0)

2007年03月18日

ナナカマド



 朝夕はまだ寒いけれど、昼間は日が差すと暖かく雪が降っても淡く、積もることもない。
春が風にも光にも感じられる。ナナカマドの芽が伸びて赤く艶を帯びている。
鳥がたべのこした実が萎んでいた。  

Posted by chi at 13:43Comments(0)

2007年03月16日

シフォンケーキ



 毎冬3月にスキーをやりにくる東京の友人が、顔を出してくれる。
長いつきあいのなかで、お互いに元気で顔を合わせられることができてうれしい。
スキー場近くにあるグランヴュンデンのケーキを提げてこられた。  

Posted by chi at 16:58Comments(1)

2007年03月15日

陶器の器



 ここ1週間は毎日雪が降り積雪量も例年並みになった。
先日終わった展覧会に出品していた、林幸子さんの器を買った。
幸子さんからは時々、ほくほくのカボチャが届くので、煮付けを盛りつけてみたいと思う。  

Posted by chi at 13:57Comments(0)

2007年03月12日

雪まくり



 裏の小川に落ち込んでいる崖の上を歩いていると、雪が崩れてころころと転がっていく。
斜面が尽きたところに、雪まくりの大きいのや小さいのが並んでいる。ロールケーキのよう。  

Posted by chi at 14:20Comments(0)

2007年03月11日

レモンとキヨミ



 愛媛のやなぎさわ果樹園からお楽しみ箱が届く。大小さまざまな柑橘が入っている。
葉の付いたレモン、キヨミ、デコポン、甘夏カン、まちよさん、オレンジといった具合。
箱を開けたとたんオレンジ色と濃い緑がとびこんできて、段丘になった果樹園の光景が目に浮かんだ。
自家用のレモンが入っていた。いびつな形だけれど安心して皮ごと使えるのがうれしい。
うっかり持つと棘にさされる。  

Posted by chi at 14:53Comments(0)

2007年03月10日

雪うさぎ



 雪うさぎのマスコットが付いたお菓子をもらう。
北国のお菓子かと思ったが、福岡で作ったものだった。
ゼラチンや寒天を使ったふわふわした感触の、かわいいうさぎが入っていた。
家の近くでは本物の雪うさぎが跳ねている。  

Posted by chi at 18:26Comments(4)

2007年03月09日

ネコヤナギ



 堅くしまった雪の上に新雪がふわりと積もっている。
長靴を履いて歩いても足を取られることがない。
うらの沢水が流れている際まで降りてみる。まだ木々の芽は固いけれど、
エゾノバッコヤナギはやわらかい銀毛がひかっていた。   

Posted by chi at 16:19Comments(0)

2007年03月08日

ラジオ



 駅前通りにFMニセコ放送局が開設したこともあってこの頃、
ラジオを聞くことが多い。街から離れて暮らしているので、
この周辺の情報を得ることができてよい。  

Posted by chi at 16:20Comments(0)

2007年03月07日

キャベツ



 雪の中から掘り出された地元のキャベツがスーパーで山のように積まれていて
次々と買い手がついていた。1玉150円。
キャベツを大きく刻んで、ベーコンとスープにしよう。  

Posted by chi at 14:14Comments(1)

2007年03月06日

ナバナ



 ナバナの葉が大きくなっていた。
ホウレン草の2倍はビタミンが豊富と能書きがあるけど
本当だろうか、と疑ってみる。  

Posted by chi at 13:09Comments(2)

2007年03月05日

生若布



 海の近くに住む人からナマワカメを貰う。
熱湯をくぐらせるときれいな緑色になった。磯の香りがいい。
今日は風雨が強い。海は白い波が立っているだろう。  

Posted by chi at 14:06Comments(0)

2007年03月03日

押し絵雛



 やはり3月である。春が一歩近づいてきて空気が柔らかい。
あるだけの雛人形を飾った。まだ、子供が小さい頃押し絵で作った雛も掛けてみる。  

Posted by chi at 19:12Comments(0)