さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2007年10月30日



 ここ4・5日暖かい日が続いている。うらの雑木林の道は、
落ち葉が厚く重なり歩くとふわふわした感触が心地よい。
その落ち葉の中から肌色の茸が顔を出している。
小さいのは白いまんじゅうの形をしている。  

Posted by chi at 13:39Comments(0)

2007年10月27日

コーヒーの樽

  

いつもコーヒーを飲みに行くMozartの店先に樽が置いてある。
ブルーマウンテンを樽詰めで送ってきたものだという。
そのメリットは湿気を吸収、放出することで品質が変化しないことだった。
11月1日から11日までブルーマウンテン コーヒー フェアーをはじめるとのこと。  

Posted by chi at 15:10Comments(0)

2007年10月24日

ホトトギス

   

 昨夜の十三夜の月は皓々と照り、まわりの雲を白く浮き立たせていた。
今朝の寒さにもめげずにホトトギスは咲いているが、ひと花咲いただけで莟は開花せずにいる。
このまゝ終わってしまうのだろう。  

Posted by chi at 14:47Comments(1)

2007年10月23日

ネックウォーマー




ネックウォーマーと言うのかどうか判らないけれど、
毛糸で編んだ首巻きを京都の人からもらう。
前で結ぶ代わりに片端を通すように作ってある。
今朝は寒かったので使ってみたが、とても暖かかった。  

Posted by chi at 13:54Comments(0)

2007年10月22日

ツルウメモドキ




 家の前、白樺の幹に左巻きで巻きついているツルウメモドキがある。
いつの間にか黄色のさく果が裂けて赤い種子が顔を見せていた。  

Posted by chi at 13:32Comments(0)

2007年10月21日

落ち葉



 暗い空から雨が音を立てて降っているのに、家の前は明るい。
7・8本のイタヤカエデとウワミズザクラの黄葉が、
まるであかりを灯したように照り映えているからだ。
たくさんの落ち葉の中から目立って大きいホオノキの葉を拾う。  

Posted by chi at 14:02Comments(2)

2007年10月20日



 昨夜から朝にかけて風雨が強かったので、
芝生は落葉で色を散らしたように埋まっていた。
晩秋の趣である。
まだ緑色をしている梨は黄色くなるまで待とう。  

Posted by chi at 13:36Comments(0)

2007年10月19日

野ブドウ



 風が強く吹き木々を大きく揺らしている。だんだん天気が悪くなり、
夜には雨が降るという予報である。
千歳市に住む知人が野ブドウの根を持ってきてくれた。
生け花を教えている人で、この野ブドウを使ったりしているとのこと。
果実は食べられないが、色が白、紫、青と変わるのが面白いという。
花は夏なので根つければ、来年見ることができる。  

Posted by chi at 15:00Comments(0)

2007年10月18日

ゆり根



 昨日、洞爺村での国際彫刻ビエンナーレ2007入賞作品展を観に行った。
テーマは「手のひらの宇宙」で58点が展示されている。
全部小さな作品ではあるが、はてしない宇宙を見たように思った。
帰りに百合の町真狩道の駅に寄り、おがくずに埋まっている
ゆり根とゆり根のりん片が入った大きな手焼きドラ焼きを買った。  

Posted by chi at 13:38Comments(13)

2007年10月16日

ミツバアケビ




 「今年は大豊作です」と近くに住む知人からアケビが届いた。
液果が割れて綿のような果肉を通して黒い実が見える。果肉は甘い。
食べたあとの外側は、苦みが多少あるけれど油で炒めて食べる。  

Posted by chi at 13:51Comments(10)

2007年10月15日

小菊



 昨日から庭の枯れ草や花の始末している。まだ体を動かしていると汗ばんでくる。
晴れたかと思えば時雨れたり変わりやすい天気なので、洗濯物を外に干し放しにできない。
日が当たると小菊がひかりを吸い込むようにいっせいに顔を向けている  

Posted by chi at 13:33Comments(0)

2007年10月14日

ニセコアンヌプリ



 朝、しっかり身繕いをして、帽子手袋もつけて外に出る。
羊蹄山は雪が裾の谷間まで降りってきており、
ニセコアンヌプリは山全体が白く見えた。初冠雪である。  

Posted by chi at 13:55Comments(0)

2007年10月12日

アジサイ



 変わりやすい天気。雪虫がふわふわと飛んでいる。
アジサイが、ひと花色を残して咲いている。  

Posted by chi at 13:36Comments(4)

2007年10月11日

コマユミ




 昨日は夕方に羊蹄山を覆っていた雲がとれて
頂上付近の雪を見ることができた。昨年より1日遅い。
コマユミの赤い実に白い雪がふわりと積もる日も近いだろう。  

Posted by chi at 13:38Comments(0)

2007年10月10日

しゅうめい菊

   

 昨夜は気温が下がり部屋のストーブに火をつけた。
今朝、羊蹄山が白くなったと人から聞いたけれど、
今は雲がへばりついて確かめようがない。
庭ではしゅうめい菊が咲き乱れていて、去りゆく秋を惜しむかのようだ。  

Posted by chi at 16:16Comments(1)

2007年10月09日

タラノキ



 寒露。朝にかけて雨が降っていたので露を結ぶほどの
冷え込みはないけれども、この2,3日で紅葉が進んでいる。
春は山菜の王様といわれるタランボの葉が濃い臙脂色に
染まり棘も同じ色をしている。  

Posted by chi at 13:28Comments(0)

2007年10月08日

ヤマブドウ




 敷地のミズナラの大木にヤマブドウが梢の方まで絡みついている。
下から見上げると房々と下がっていて、毎日楽しみに眺めていた。
いよいよ採り頃になった。
粒を外して鍋で煮る、汁が出たところで漉す、砂糖を入れてシロップにした。  

Posted by chi at 13:26Comments(0)

2007年10月07日

姫とうがん




 天気が崩れそうで崩れずに吹く風も暖かい。
隣の別荘で冬を前にして家の周りの草を刈りにきていた。
カラマツの木に絡みついているヤマブドウを摘んでいった。今年は実成りがいい。
昨日、KEIKOさんが遊びにきて、姫とうがんをひとつ置いていった。   

Posted by chi at 16:11Comments(4)

2007年10月06日




 穏やかな秋日和が続いていて気持ちも澄んだ秋空のようにせいせいする。
冬のくる前なのに苔が緑色も鮮やかに林の下に生えている。
そっと剥がしてみると倒木が腐っていた。  

Posted by chi at 15:14Comments(0)

2007年10月05日

 
 

 自宅の庭で拾ったという栗をもらう。少々小粒だけれどほの甘い。
さっそく栗ご飯にした。栗色に染まった飯粒に栗のほくほくしたのをかみしめると、
しあわせな気分になる。松茸ご飯にはかなわぬが・・・。  

Posted by chi at 13:41Comments(2)