さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2009年01月31日

生ゴミポット


 


 ついこの前、年があけたと思っていたのに、もう1月は今日で終わる。
振り返ってみてもこれはという事もなく日にちだけが流れているように感じられる。
しかし、これでいいのだという気もする。
雪の降らない日が続いて、雪に埋もれていた生ゴミのポットが顔を出した。  

Posted by chi at 13:26Comments(0)

2009年01月30日

ニセコアンヌプリ


  


 朝日が昇る前、ニセコアンヌプリの山肌が淡いピンクに染まった。空は青く澄みわたり1片の雲もない。  

Posted by chi at 13:16Comments(0)

2009年01月29日

氷柱

 
  
 寒気と暖気が交互にきている。
向かいの鉄道の枕木を積んだ平屋の軒には、
氷柱がずらりと並んで下がり日毎に太くなっている。   

Posted by chi at 13:32Comments(0)

2009年01月23日

スプーン


 


 かれこれ20年以上前のことになるが、桜材を貰ったことがあった。
香りが良く木肌がきれいなのでいろいろなスプーンやしゃもじを作った。
あの頃は時間がたっぷりあって、小刀で削っては出来上がりを楽しんだものだった。
色は悪くなったけれど、今でもヨーグルトやジャムをつくる時などに使っている。
鍋や食器への当たりが優しく重宝している。
今日は、季節外れの雨。   

Posted by chi at 13:29Comments(0)

2009年01月22日

手打ち蕎麦

 


 今朝はマイナス14度まで冷えた。夜明けの空に細い月が枝にひっかかるように浮かんでいた。
木目もきれいなこね鉢が手に入った。さっそく手打ち蕎麦を作る。
3人分の粉をこねるには丁度いい大きさだった。20分もあれば腰のある蕎麦が出来上る。  

Posted by chi at 13:19Comments(0)

2009年01月20日

Chieko'sニセコだより


  


 暦の上では大寒というけれど湿った雪が少し積もっている程度で気温が高い。こんなに暖かくていいのかなと思う。
わたしの誕生日に合わせて「Chieko'sニセコだより」1年分をまとめた本が出来上がった。
このシリーズでは8冊目になる。昨年は、いろいろな人たちとの心温まるふれあいがあって、
元気に楽しく過ごすことが出来た。又、ここの自然は四季それぞれに興趣が尽きず、
描くことの喜びを感じる日々だった。これからも身近なもののなかに美しさを見出して描きつづけたい   

Posted by chi at 13:26Comments(2)

2009年01月19日

カラマツ林


 


 暖かい朝、窓ガラスに雨滴がついていた。
うらのカラマツ林は雨水をたっぷり吸い込んで幹が黒々としている。
夜が明けても木立は暗い。  

Posted by chi at 13:26Comments(0)

2009年01月15日

ベニヒワ



   


 昨日からの雪が夜になって吹雪に変わり、窓をたたくのを聞きながら眠った。
今朝、玄関は吹き溜まりが出来て60センチくらい積もり、表と裏のガラス窓には
吹きつけた雪がへばりついていた。なお雪は降り続いている。
家の前のハンノキに春の渡り鳥が30羽ほども飛んできて種子を食べていた。
春の使者を見て気持ちが明るくなる。  

Posted by chi at 13:41Comments(0)

2009年01月13日

蘇鉄の実

  


 展示替えの美術館へ行く。クイズ形式で題名を当てようという企画だった。
ヒントを読み○○にあてはめる言葉を考えながら楽しく観た。
コーヒーを飲むコーナーでひと休みする。
テーブルに蘇鉄の実を加工した置物があったので買う。1個100円。
この実は姉妹都市、九州の山川町から送ってきたものだという。  

Posted by chi at 13:31Comments(0)

2009年01月12日

朝の雲




 今朝は音がしそうなくらいつめたい空気のなかに、羊蹄山がくっきりと立っていた。
太陽が昇る前の空は筋状のうすい雲が棚引いて、ピンクとブルーに色分けされていた。  

Posted by chi at 14:22Comments(0)

2009年01月11日

ヤマハンノキ


 


 昨日から降り続いている雪はいったん夜中には止んだが
又降りはじめて今朝は40センチほど積もっていた。
細かい雪がびっしりつみかさなって
シルクのような重みとしなやかさを感じさせた。
このような感触の雪は数えるくらいしかない。
ヤマハンノキの果球が落ちていた。  

Posted by chi at 16:31Comments(0)

2009年01月10日

誕生日


 


 今日は誕生日、KEIKOさんバースディーケーキが届く。
忘れずにお祝いしてもらえるのがうれしい。
さっそくローソクを立てゝ、ハッピーバースディツーユーを歌ってみる。
ローソクの炎でフルーツがいっぱい乗ったケーキが華やいだ。  

Posted by chi at 13:33Comments(6)

2009年01月09日

羊蹄山

 
 


 昨日は1日中快晴で澄んだ青空が見えた。1月に、このように晴れることは珍しい。
今日は、雲が多いけれども時々日差しもあって、羊蹄山の頂上が見えてる。深く筋が入った谷間は青い。  

Posted by chi at 13:41Comments(0)

2009年01月07日

屋根の雪


 


 わが家の積雪計は125cm、去年よりは多い。
ギャラリーの屋根はこんもり雪をのせている。
玄関の方だけはり出した雪を落とした。  

Posted by chi at 13:32Comments(2)

2009年01月05日

ツグミ

 
  


 連日、ツグミが家の前のナナカマドの実を食べに飛んで来る。
群れで来て競うように食べては去っていくことが多いけれど、
なかには1羽で来てゆっくり枝で休んでいるのを見ることもある。
羽根をいっぱいに膨らませ降る雪をのせていた。  

Posted by chi at 13:24Comments(0)

2009年01月04日

ミカン



   


 九州飯塚からミカン1箱が届く。一口で食べてしまうくらいの小さい枝葉のついたミカンが20個ほど入っていた。  

Posted by chi at 13:44Comments(0)

2009年01月03日

干し柿




 年があけて三日目でやっと青空が雲間から見えた。久しぶりの太陽が眩しい。
新雪の結晶がきらりと光り木々が雪面に影を落としている。
蔵王上山特産のつるし干柿を食べる。
外側は白い粉をふいているが中はとろりと濃い紅色をしていた。  

Posted by chi at 13:22Comments(0)

2009年01月02日

丑年


  


 湿った雪が膝上まで積もり猶、
降り続いている中で年が明けた。
今朝も同じような積もりかたをしている。
別に急ぐことなど何もない。
丑年にちなんで、ゆっくりしよう。  

Posted by chi at 14:04Comments(0)