さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2009年02月26日

ゆり根

 
    

 
 雪の降り方が変わってきた。あわあわと舞うように落ちている。
春はもうそこまで来ているようだ。
ニセコ道の駅で売っていたというゆり根が手に入った。
鱗片を一枚ずつはずして小さい片はかき揚げしようと思う。  

Posted by chi at 13:12Comments(0)

2009年02月25日

コロッケ


 

 月子さんのブログにのっていた自画自賛のコロッケが
とてもおいしそうだったので、作ってみたいと日々思っていた。
コロッケというのは手間がかかるので気合いを入れて
「さあ作るぞ」と自分に言いきかせなくては取りかかれない。
コンデンスミルク100グラム使用とあったので用意して作ってみた。
春出しキャベツをたっぷりきざみ揚げたてを食べる。外はかりかりで、
中はじゃがいもがコンデンスミルクでなめらかな味わいとなりうまい!
30個作ったので「今日もコロッケ 明日もコロッケ」ということになる。  

Posted by chi at 13:52Comments(3)

2009年02月24日

雪の結晶

 


 今朝は雪が積もっているというのとは違って、雪の結晶がふわっと積み重なっていた。
気まぐれな太陽が雲間から現れ、結晶がきらきらと光った。
   

Posted by chi at 15:30Comments(0)

2009年02月22日

小物入れ

  

 雪トピアフェスティバルの2日目で、
激走水面滑走トライアルを見たいと思っていたが、
この激しい雪降りでは二の足を踏む。
アメリカの街で買ったという陶器の小物入れをもらう。
ジャズを演奏している人形を見ていると楽しい気分になる。  

Posted by chi at 13:32Comments(0)

2009年02月21日

句集


   

 荒れ模様の天気は今日も続いて雪は嵩を増すばかり、
屋根からは雪庇がはみ出している。窓越しにこの吹雪を見ていると春はまだ遠い。
しかし、春らしいオレンジ色をした和綴じの手作り句集を作った。
インターネットを使って連句を10年ほどやっていて、今までに55巻を巻き上げている。
その中から108句を抜粋して1冊にまとめた。「句集 草のかんむり」  

Posted by chi at 14:57Comments(3)

2009年02月19日

桜餅



   

 今月初めに和菓子教室で習ってきた桜餅を作りましょうということになり、
材料を持ち寄って午後から3人で作った。こし餡1kg、道明寺粉500g、
桜の葉塩漬け52枚、途中でお茶を飲んだりして楽しみながら桜の葉で包んだ。
出来たては柔らかくておいしい。  

Posted by chi at 17:36Comments(0)

2009年02月17日

半月

  


 昼夜を通して吹き荒れた風雪がピタりっと収まり
夜明け前の空には下弦の月がかかっていた。
空にかかるうすい雲がピンクになると
月は色を失い白くなりやがて見えなくなった。  

Posted by chi at 13:31Comments(0)

2009年02月16日

マンゴーパフェ

   


 寒気団が押し寄せてきて昨日今日と気温もひくく終日吹雪く。
外は荒れていても部屋の中は暖かく、昨夜は集まりに出かけ食事のあとチョコレートパフェを食べた。
若い頃にはなかったの話になり、私より若い人は随分食べたものだという。年の差を感じるのはこんな時だと思う。
そういえば、もう4.5年前になるけれど札幌のパーラーでマンゴーパフェを姉と食べたことを思い出した。あれはおいしかった  

Posted by chi at 15:09Comments(0)

2009年02月14日

ロータリー除雪車

 


 昨夜の雨は激しかった。風を伴って春一番を思わせるような荒れ方だった。
夜が明けると雨も上がり日が差してきてはいるが、まだ空には黒い雲があって油断できない。
この暖かさで、道路は舗装が出てところどころ水たまりがある。
路肩にある山のような雪をロータリー車が飛ばしている。  

Posted by chi at 13:19Comments(0)

2009年02月12日

手編みのセーター


 


 この冬に入る頃に、手持ちのほどき毛糸がたくさんあったので、
2本取りにして棒針でざっくりしたセーターを編んだ。
「冬は寒いなあ」というコマーシャルがあるけれど、このセーターを着ると実に暖かい。
寒さをさほど感じないでいられ、愛用している。手編みの良さを改めて認識した。
でも、そろそろこれを脱ぎたくなるような陽気になってほしいという気持ちも強い。  

Posted by chi at 16:02Comments(0)

2009年02月11日

月の入り


 


 朝起きて居間のブラインドを引き上げてニセコアンヌプリを見ると、
リフトの照明とは違う不思議な明るさが山の端にあった。2階に上がって確かめてみる。
なんと、大きなオレンジ色の月が丸く浮かんでいた。まわりの空が黄金色に光って美しい。
見とれている間に、その大きな月はするりするりと山の向こうに消えていった。  

Posted by chi at 14:10Comments(0)

2009年02月10日

満月

   


 いつもの年より雪の降り方が少ない。
雪にとじこめられるという感覚を味わうこともなくありがたい。
昨夜寝る前に見た空には満月が皓皓とあたりを照らし羊蹄山を
白く浮き立たせ、雪面には木々の濃い影をうつしていた。  

Posted by chi at 13:34Comments(0)

2009年02月07日

桜餅


 


 和菓子教室で、春を先取りしたようなイチゴを包んだ桜餅と桜の錦玉寒を作った。
道明寺というもち米の砕いたものを水で戻して蒸し上げるとかんたんに餅が出来るので、
自宅で作ることは容易だと思う。桜の葉の塩漬けは菓子材料店で手にはいるということだった。  

Posted by chi at 13:51Comments(0)

2009年02月06日

エニーロック Any Lock


 


 天気予報では雪降りのはずなのに日差しが眩しい。こうゆうはずれはうれしい。
Amazonネットに注文しておいたエニーロックが届いた。スライド式で袋を二つ折りにして通すだけのものだ。
これだけでジップロックみたいに密閉できる。サイズも5種類ある優れもの。  

Posted by chi at 12:59Comments(0)

2009年02月04日

アボガド


 


 立春。スーパーの果物のコーナーには冬みかんが姿を消しオレンジ、
伊予柑、デコポンなどが山と積まれている。春を味うことにしよう。
そのとなりにあるアボガドの濃緑色が目をひく。
トマトやチーズにこのアボガドを刻んでと心積もりして買ったが固かった。
どうしよう。  

Posted by chi at 14:11Comments(10)

2009年02月02日

炭火焼き

 
 


 昨夜、知り合いの人がスキー場近くで炭火焼きの店をオープンするので出かけた。
卓上では素焼きの受け皿に水を張って、その上に素焼きの平たいコンロを置き炭火を起こしていた。
肉でも魚でも炭火で焼くとおいしいし、焼き上がりを待つのもいいものだ。  

Posted by chi at 13:29Comments(0)