さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2009年07月30日

マーガレット

    


 マーガレットがさかりを過ぎて萎んでいる。
花びらを散らさずに茎を巻きこむように下向きに変色していく。  

Posted by chi at 13:33Comments(0)

2009年07月29日


   


 山梨の雨宮農園で作られたという桃が届いた。
ビロードのような肌をしていて柔らかそうに見えるが、しっかりした果肉である。
この春に車で山梨方面をまわった時、桃畑では濃いピンクの花が満開だった。
まるで桃源郷を行くようで、忘れられない光景として残っている。  

Posted by chi at 13:24Comments(0)

2009年07月28日

キノコ



  


 秋の長雨のような日が続く。
うらの雑木林のなかを通っている道は小暗く濡れそぼっている。
さまざまなキノコが出ていた。秋になったと思ったのではないだろうか。
傘がぬめっていておいしそうだが、食用になるかの見きわめがつかない。  

Posted by chi at 13:42Comments(0)

2009年07月27日

ラベンダーと青虫

    
    


 庭に出るごとに手を触れて香りを楽しんだラベンダーが枯れてきた。
来年のためにと茎を摘み取っていると青虫が茎にへばりついていた。
葉を食べているらしい。白い蝶に変身するのだろうか。  

Posted by chi at 13:36Comments(0)

2009年07月26日

ムラサキツユクサ


   


 昨日と似たような天気が続き、雨が降ったり止んだりをくりかえしている。
雨が似合うムラサキツユクサは、濃い紫色を更に深めている。茎を切ると粘った汁がこぼれ落ちた。  

Posted by chi at 13:59Comments(0)

2009年07月25日

ニンニク


    


 風もないのにイタヤカエデがゆれている。鳴き声もたてずに葉陰にもぐりこんで
枝から枝へと飛び交っている野鳥の群れだった。
昨年、あまっている球根を土に埋めておいたニンニクが、1メートル位も伸び花をつけた。  

Posted by chi at 13:12Comments(0)

2009年07月23日

空蝉



   


 暦の上では大暑だが、今日もはっきりしない天気で
時々霧雨が落ちてきたりしている。
真夏の照りつける太陽を待っているのは私ばかりではないようだ。
夜中に脱皮したらしいエゾゼミの抜け殻が家の壁に張りついていた。
うるさいくらいに鳴き出すのはいつのことになるのだろうか。  

Posted by chi at 13:34Comments(0)

2009年07月22日

クサノオウ


  


 テレビで硫黄島の皆既日食を見る。
子供だった頃、教室の窓から煤けたガラスの破片で見たことがあった。
日食はやはり現地で体験しなければ感動を味わうことは出来ないと思う。
いつも小さな感動をうけるのは家のまわりの野の花たちである。
玄関脇のクサノオウは茎から分岐してたくさんの花をつけている。  

Posted by chi at 13:42Comments(0)

2009年07月21日

エゾアジサイ



  


 むかし、山歩きを共にした友だちからエゾアジサイをもらったのが、今年も咲いた。
雨にそぼ濡れている風情もよいけれど、この飾り花のような青い空が見たいと思う。
今日も小雨が音もなく降っている。  

Posted by chi at 14:09Comments(0)

2009年07月20日

野菜


  


 一昨日からの雨続きで野菜たちは実の成りが悪いと聞く。
雲がまだ多いけれど午後から青空がひろがって太陽の日ざしがうれしい。
道端の直売所でとれたてのキャベツにトマト、サヤインゲンなどを買う。
「キャベツは柔らかいですよ」と言われた。豚カツにたっぷりつけあわせて食べよう。  

Posted by chi at 13:17Comments(0)

2009年07月18日

カラマツの実



  


 昨日の晴天は続かなくて今日は雨降り。裏の道でカラマツの実を拾う。コバルトグリーンのすてきな色をしている。
エゾリスかシマリスに食べられたらしい残骸があちこちに落ちていた。  

Posted by chi at 13:35Comments(0)

2009年07月16日

ヤマグワ



  


散策路の出口近くにヤマグワの木があり、見上げるとたくさんの実をつけている。
黒紫色に熟したのを毎朝摘んで食べているが甘酸っぱくておいしい。  

Posted by chi at 13:00Comments(0)

2009年07月14日

ハマナス



  


 湿っぽい雨雲が風に吹きやられて午後は日が差しすがすがしい。
庭のハマナスは花びらをあたりに散らしている。花の命は短くて・・・の通りである。  

Posted by chi at 18:57Comments(0)

2009年07月13日

宗八鰈


   


 昨日、やよいの月子さんがご主人が釣ってきたという30センチもある宗八鰈をお菓子袋に入れて持ってきてくれた。
いま海から上がったばかりという感じで身が厚くしまっていた。さっそく夕食に煮付けにして食べ、おいしかった。
あとは一夜干しにしてあり、まだ食べる楽しみが残っている。  

Posted by chi at 14:11Comments(1)

2009年07月11日

サクランボ


 


 サクランボの最盛期である。仁木産のがおいしい。実が割れるので農家では気をもんでいることと思う。
今日もはっきりしない天気。  

Posted by chi at 13:21Comments(2)

2009年07月10日

ジャコウアオイ

   
    


 今日は涼しい。雨上がりでジャコウアオイの花びらは雨粒をのせている。
名前の通りでジャコウのようないい香りがする。  

Posted by chi at 13:16Comments(0)

2009年07月08日

天の川


  


 昨日は七夕で星を眺めようと思っていたのに夜に入ってから雨になり、いまも降り続いている。
遊び心がいっぱいの大きなおせんべいをもらう。もち米とコンスターチを使っていて、
天の川をはさんで牽牛星と織り姫星がむきあっている。食べてしまうには惜しい。  

Posted by chi at 13:15Comments(2)

2009年07月06日

ドクダミ


  


 庭の至るどころでドクダミが咲きはじめた。
放っておくとどんどん地下茎を伸ばしてふえるので、
抜き取っていたのだが抜ききれずにいる。
しかし、このドクダミは十薬ともいって薬になる。
心臓形の葉は腫れ物に貼付したり、鼻づまりの時には
揉んで鼻の穴につめるとよいと聞いた。夏の季語。  

Posted by chi at 12:39Comments(0)

2009年07月05日

ホタルブクロ


   


 雲の切れ間から差す太陽がまぶしい。
これまで何度か植えてみても根付かなかったホタルブクロが花をつけた。
アジサイの葉かげで強い日ざしをさけるように下向きに咲いている。
以外と花の袋は大きい。  

Posted by chi at 13:13Comments(0)

2009年07月04日

ハスカップ


  


 ハスカップの実を手のひらいっぱいに採る。いつのまにか葉かげで濃紫色に熟していた。初収穫である。  

Posted by chi at 13:41Comments(0)