さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2009年09月29日

サツマイモ


  


 朝の気温は14度、まだ寒いという程のことはない。
隣町の農家で作ったというサツマイモは掘りたてで
まだ土が濡れていた。北海道では珍しいと思う。  

Posted by chi at 13:40Comments(5)

2009年09月27日

洋梨


   


 ルビー色した洋梨をもらう、あまりにもきれいなので食べるのが惜しい。  

Posted by chi at 13:14Comments(0)

2009年09月26日

百合


    


 今日もいい天気。花房を落としたハギが軽やかに風をうけて揺れている。
その横の百合はしっかり実を結んで立っている。  

Posted by chi at 13:24Comments(0)

2009年09月25日

シュウメイギク


   


 日ざしをうけて、シュウメイギク、ハマナス、ホトトギスの花がせいいっぱい開いている。
花蜂が残り少ない蜜を吸いにきている。暑くもなし寒くもなしのいい日和だ。  

Posted by chi at 14:04Comments(0)

2009年09月24日

シュウメイギク

  


 小糠雨が静かに降っている。
シュウメイギクはうつむくように咲いているのに、
ユウゼンギクは上を向いて雨を受けている。  

Posted by chi at 13:23Comments(0)

2009年09月22日

スイカ



   


 スイカは夏のものなので、今頃食べるのは季節はずれでさびしい気持ちになる。
でも、今日は暖かい南風が吹いて青い空に白いうろこ雲が浮かんでいる。
多分、これで今年の食べおさめになるだろう。夏を惜しんで味わった。  

Posted by chi at 13:24Comments(0)

2009年09月19日

エゾトリカブト



 


 今年のトリカブトは株が増えて花つきもいい。イタヤカエデの下で
ひっそりと咲いている姿は楚々としているが、毒性が強いということだ。  

Posted by chi at 13:24Comments(0)

2009年09月18日

ヒマワリ


   


 羊蹄山に初雪が15日にきたと聞いた。
頂上は雲にかくれて見えないが、紅葉は5合目あたりまで降りている。
 ヒマワリはそっぽを向いたのもいいなあと思う。人間も後ろ姿の美しいのがいい。  

Posted by chi at 13:20Comments(2)

2009年09月17日

ヒマワリ


  


 玄関脇のヒマワリが咲いた。そっぽを向いて咲いている。  

Posted by chi at 13:16Comments(0)

2009年09月15日

ホトトギス


    


 寒さが身にしみるような頃に咲くホトトギスが
今月のはじめにはつぼみがふくらみ、いま満開になっている。
 旭岳の初冠雪があったりして、秋の深まりを感じるこの頃である。  

Posted by chi at 13:27Comments(0)

2009年09月14日

イヌタデ

  
  


 晴れを予感させるように、朝霧が深く立ちこめていた。
刻が経つにしたがって、ますます深くなっていく。
霧のなかからピンクの花序をつけているイヌタデがあらわれた。  

Posted by chi at 13:16Comments(0)

2009年09月13日

ハナトラノオ

  


 午前中まで降っていた小雨が上がって、少し空が明るくなった。
函館の妹たちが、庭にあるというユキヤナギ、ホザキナナカマド、
ハナトラノオを掘ってきてくれた。うまく根付くだろうか。  

Posted by chi at 13:25Comments(0)

2009年09月12日

ハマナス


  


 庭のハマナスは次々につぼみが開いて、日を受けると黄色い蕊を惜しげもなく見せている。
初夏の頃に咲きはじめた花は、すでに赤い実をつけていて、同時に楽しむことができる。  

Posted by chi at 13:53Comments(0)

2009年09月11日

リンゴ


   


 秋のくだものが店頭に並んでいる。リンゴ、ブドウ、梨などは種類も豊富でどれにしようかと迷ってしまう。
青いリンゴが目を引く。「青いリンゴを抱きしめても思い出さえも帰らない・・・」  

Posted by chi at 14:08Comments(0)

2009年09月10日

ヤマブドウ

  


 ゆうべはかなり強い雨が降ったようで、大きな水たまりが出来ていた。
水をたっぷり含んだミズナラの葉が濡れて光っている。
空も洗ったあとのように澄んだ青い色をしている。
うらの林は落ち葉が目立つようになった。ヤマブドウの真紅の葉を拾う。  

Posted by chi at 13:15Comments(0)

2009年09月09日

小菊


   


 重陽、わが国では奈良時代より宮中で観菊の宴が催されたという。
菊の節句にちなんで、庭の小菊を愛でることにしよう。  

Posted by chi at 13:22Comments(0)

2009年09月08日

ミヤギノハギ



  


 あけがたの雨が上がって、おひさまきらきら、風はさやさやのさわやかな日になる。
 庭のミヤギノハギは、こぼれんばかりに咲いている。  

Posted by chi at 13:22Comments(0)

2009年09月06日

ひまわり


  


 ヒマワリがやっと蕾をつけた。種子を蒔いた時季がおそかったためであるが、
早く開花して種子をつけてほしいと思う。  

Posted by chi at 13:22Comments(0)

2009年09月05日

ゲンノショウコ

     


 今年はトンボを見かけることが少ない。
岩橋英遠の大きな絵画で、トンボが空いっぱい同じ方向に
飛んでいるのがあった。あんな光景を見てみたい。
 敷地のはずれでは、ゲンノショウコが咲き続けている。
花が終わる秋の末には葉が赤くなり美しい。  

Posted by chi at 13:41Comments(0)

2009年09月04日

月見草

   
      


 昨夜は、羊蹄山のうしろからまるい月が昇ったが、しばらくすると雲にかくれた。
 今日は、いまにも雨が降りそうな暗い空もよう。その中で咲きおくれの月見草が
まわりを明るくするように、ひと花咲いていた。もう昼が近いのに夜が明けたばかり
思っているのかも知れない。  

Posted by chi at 13:34Comments(0)