さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2009年11月29日

コゲラ

    


 はっきりしない天気が続いているが、野鳥たちは元気に飛びまわっている。
コゲラが嘴で幹をつゝきながら、登ったり降りたりしている。  

Posted by chi at 13:00Comments(0)

2009年11月27日

オオアワダチソウ

  


 暗い空から雨が落ちてくる。セピア色の風景がひろがり、
立ち枯れたものばかりが目に入る。松の緑も色が沈んでさえない。
 そう果がはじけて綿毛になったオオアワダチソウはもこもこして暖かそうな装いをしている。  

Posted by chi at 13:16Comments(0)

2009年11月26日

オオイタドリ


  


 曇っているが気温が高めで道路は乾いている。
この冬は暖冬と気象庁からの発表もあり、外れることもあるだろうが、ほっとする。
 家の横に生えているオオイタドリは、たくさんの実をつけたまま枯れている。  

Posted by chi at 13:12Comments(0)

2009年11月24日

ウド


   


 夜があけたときから空が青かった。久しぶりの太陽が眩ししい。
綿をひいたような雲が浮かんでいる。
 うらの林の中は、先日の雪が固くなって残っている。
クマザサが雪で押されたため、沢水の流れがよく見えるようになった。
 ウドは種を落としたあとも、太い茎と根がしっかり大地をつかんでいる。  

Posted by chi at 13:16Comments(0)

2009年11月23日

オオハンゴンソウ


  


 勤労感謝の日。外はどしゃぶりの雨。道ばたのオオハンゴンソウが立ち枯れて、びしょ濡れ。  

Posted by chi at 13:10Comments(0)

2009年11月21日

帽子

 


 帽子が好きで考えもなしに買うことが多い。
国内外を問わず、旅先で気に入ったものがあるとつい買ってしまう。
昨日、近くの喫茶店でたまたま冬帽子が置いてあり買う。
裏地に肌さわりのいいフリースを使っていて、頬を被うと気持ちがいい。
今朝、さっそくかぶって雪はねをした。  

Posted by chi at 13:20Comments(2)

2009年11月20日

ススキ

     


 雪を見ながら終日暮らす。
 枯れすすきが重たい雪をのせて傾いている。
 靡きたる姿のままに尾花枯る 麦青  

Posted by chi at 17:34Comments(0)

2009年11月18日

みかん



  


 本格的な雪降り、屋根の雪がざざあっと落ちる音以外は無音の世界がひろがっている。
 奄美大島のみかんを食べる。この島だけに産するものだと聞いた。
小さいのに種は大きく酸味が強い。田中一村の記念館があるはずで、行ってみたい島である。  

Posted by chi at 13:09Comments(3)

2009年11月17日

長葱


   


 太陽をしばらく見ていない。雨が雪になったり
雪が雨に変わったりしながら、日々が過ぎていく。
そのような季節の移りを見ているのも面白い。
 友だちが土ごと掘り出した長ネギを持ってきてくれた。
そのまゝ袋に入れて立てゝ置き、使う分だけ抜いている。  

Posted by chi at 13:33Comments(0)

2009年11月16日

ラ・フランス



 


 山形産の大きくて形がごつい、ラ・フランスという梨を食べる。
それが皮をむくと、いい香りがして果肉が柔らかく、とろりとして甘い。
メロンのように生ハムを巻いてもおいしいだろう。
 雨が雪に変わった。  

Posted by chi at 13:22Comments(3)

2009年11月14日


  


 春に、小さな拳を突き上げるように芽を出していた蕨が、いまは葉が
ちりちりになって裏返っている。その裏と表のコントラストが美しい。  

Posted by chi at 15:29Comments(0)

2009年11月13日

エゾアジサイ


   


 つめたい風がひゅうひゅうと吹く。
 軒下のエゾアジサイは立ち枯れ、萼やさく果は落ちもせず固まったまゝゆれている。  

Posted by chi at 13:31Comments(0)

2009年11月11日

柿の美きんとん


 


 毎年楽しみにしている栗のお菓子が届いた。中津川「川上屋」の銘菓である。
柿の葉に包まれた干し柿の中に栗きんとんが入っていて、どちらの味もお互いを
引き立てあっておいしい。いつの日か晩秋の木曽路をゆっくり歩いてみたい。  

Posted by chi at 13:52Comments(2)

2009年11月10日

タンポポ


    


 いっとき、みぞれまじりの雨が降った。このまま気温は上がらずに、夜には雪になるという。
道ばたの枯れた草叢の中に、タンポポの果実穂が風にも飛ばされず、しっかり立っていた。  

Posted by chi at 13:14Comments(0)

2009年11月09日

ヤマブキ


 


 朝のうちは薄日がさしていたがだんだん雲行きが怪しくなってきた。
やはり、予報通りに天気は崩れるらしい。
 庭のヤマブキは、緑色の茎にすきとおるような葉をつけたまま褪色している。
その色の柔らかさがいい。  

Posted by chi at 16:31Comments(0)

2009年11月08日

ゆり根


  


 ここ3日ばかり暖かい日が続いたので、30センチ程の積雪がきれいに無くなった。
もう少し秋の気分を味わっていたい。
 真狩のゆり根がおいしい。てんぷらにしよう。  

Posted by chi at 13:37Comments(0)

2009年11月07日

ミズナラ



  


 立冬とはいえ今朝は暖かい。ミズナラの堅果がなく殻になっているのを見つけた。
最近、林の間を走り回っているエゾリスが、越冬用に蓄えているのかもしれない。  

Posted by chi at 14:12Comments(0)

2009年11月06日

メマツヨイグサ

    


 雪が降ったり、つめたい雨が降ったりしていたので、このまま冬に
入るのかと思っていたが、今日は晴れて太陽がまぶしい。吹く風もやさしい。
 メマツヨイグサは凍っていたが陽が当たるとすぐにとけた。  

Posted by chi at 13:17Comments(0)

2009年11月05日

ハマナス


 


 暗い空から雨が落ちて積もった雪をとかしている。
庭のハマナスの始末をする。作業用の手袋を通して棘が痛い。
果実は萎びている。  

Posted by chi at 13:39Comments(0)

2009年11月04日

ツグミ



    


 うらの雑木林はほとんどの木が葉を落としている。
 野鳥がよく見えるようになり楽しみが増えた。
 ツルウメモドキの実を食べにツグミが次々にとんできている。  

Posted by chi at 13:39Comments(0)