さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2010年02月27日

アップルパイ

   
   


 暖かさが2日間続いたが今朝は少し冷えた。
まだつめたい空気が上空にあるのか、空は青いのに雪が舞い落ちてくる。
 お隣さんから焼き立てのアップルパイを1枚いただく。
香ばしいにおいが部屋いっぱいに広がった。お茶の時間が楽しみ。  

Posted by chi at 13:24Comments(0)

2010年02月25日

シラカバ


   


 朝から暖かい風が木々を大きく揺らし、雪面はざくざくのざらめ状になっていて、春を実感する。
うらのシラカバの幹は、ながい年月を耐えてきたというように表皮がめくれ枝は折れて、面白い模様を作っている。
この冬も雪の重みで枝折れが多い。  

Posted by chi at 13:22Comments(1)

2010年02月23日

羊羹

  


 「梅は咲いたかしら 咲いたかしら 聞いてみて」という俳句を添えて、女人からかわいい木綿の巾着もらう。
解いてみると中から小型の羊羹「夜の梅」が3本出てきた。切り口の小豆が梅に見える。手間ひまかけた巾着がいい。  

Posted by chi at 13:24Comments(0)

2010年02月20日

生椎茸



  


 雪祭りの初日なのに荒れ模様の天気だ、斜めに雪が降っている。
 春はまだ遠いけれど、スーパーの棚には菜の花が束ねられていたり、
柔らかいニラが売られている。おいしそうな生椎茸が目をひいた。
肉厚で軸が太い。すうっと手を伸ばした。  

Posted by chi at 13:22Comments(0)

2010年02月19日

落ち葉


  


 雪に晒されて色が抜けた落ち葉を拾う。今日も朝から雪が降っている。  

Posted by chi at 13:24Comments(1)

2010年02月16日

バラ

  


 家のまわりの木々は、昨夜からの新雪をまとい
ひさしぶりの青い空に、くっきりと白い華を咲かせている。
窓辺では、外の白い光景を背にしてバラが花びらを重ねあわせている。  

Posted by chi at 13:37Comments(2)

2010年02月15日

チューリップ

     


 低温の日が続いていることもあって、切花の持ちがいい。
頬を染めたようなチューリップが愛らしい。  

Posted by chi at 13:11Comments(0)

2010年02月14日

薔薇のチョコレート


 


バレンタインデーということで、ニセコに住むともだちからすてきなチョコレートをプレゼントされた。  

Posted by chi at 13:19Comments(0)

2010年02月13日

スイートピー


  


 今朝は凍れがきつかった。しかしいまは部屋の中に日が差し込み気持ちがほぐれる。
 私の誕生日を覚えてくれていた人から、おそくなったけれどと言って花束をもらう。
スイトピー、トルコキキョウ、バラ、チューリップなど、どれもがうすいピンクで優しくてかわいい。
今年は思いがけなく、たくさんの人たちからのお祝いが届いてうれしい。  

Posted by chi at 13:26Comments(0)

2010年02月12日

うらの川

 
 


 雪も寒さも峠を越えて、あとは暖かい日が続いて雪の嵩も減るだろうと期待していたのに、
今朝はこんもり雪が積もっていて寒かった。雪を漕いでうらの川へ行ってみる。
川は所々で両岸の雪に埋もれて姿を消していた。かすかにせせらぎの音がきこえた。  

Posted by chi at 15:19Comments(0)

2010年02月08日


    


 セラミックの調理鍋をカタログで買った。
これは煮込み料理に合うようで電子レンジやオーブンでも使える。
フタの内側に突起がたくさんついていて、水蒸気が水滴となって突起から落ちるので、
フタががたがた音を立てないのがいい。料理はそれ程好きではないが、鍋を買うのは好き。  

Posted by chi at 13:20Comments(0)

2010年02月07日

キタコブシ


    


 今朝になってやっと寒気がゆるんだ。雪もどうやら降らずにすみそうでほっとする。
 テレビで日曜美術館を見た。運慶の迫力ある仏像がすばらしかった。
その映像に合わせたように、キャスターの後ろに活けてあるこぶしの花が
大鉢にたくさん盛られていて、浅い春を感じさせてくれた。
ここでも雪どけがはじまると一番に、ビロードのような皮を破って
つぼみがふくらんでくる。あゝ待ち遠しい。  

Posted by chi at 13:24Comments(0)

2010年02月05日

お茶


  


 美術館で降る雪を窓ごしに眺めながら、お薄をいただいた。
友人が茶道具一式を持参してのことで、茶釜ではなく電気ポットのお湯を使ってのお点前だった。
茶菓子は羊羹、心静かなよい刻を過ごすことができた。  

Posted by chi at 13:34Comments(0)

2010年02月04日

宗八かれい


 


 寒気が居据わってきびしい凍れだ。細かい粉のような雪が降っている。
まさにパウダースノー。暦の上だけで春を思ってみよう。
 手のひらサイズの宗八かれい。フライパンに油をひいて
こんがり焼くと頭から尾まで食べられる。  

Posted by chi at 13:20Comments(0)

2010年02月03日

恵方巻き


   


 節分。気温がマイナス15度で夜が明け空にはおぼろ月が浮かんでいた。
そのあと雪が降り出す。日中になっても気温が上がらずマイナス10度。
 知人がコンビニで働いていることもあって、恵方巻きを届けてくれる。
方位計まで添えてあるという親切さである。一応西南西に向かって黙って食べた。  

Posted by chi at 13:35Comments(2)

2010年02月01日

シラカバ

   


 3日連続で雪がどかどか積もった。今朝夜明け前のひくい位置にまるい月があった。
ゲレンデの夜間照明かと一瞬思った。月というのは見る度にふしぎな感じをうける。
今日から2月。あっという間に2月は逃げていきそうな気がする。
 シラカバの枝や果穂が紅く艶めいていた。  

Posted by chi at 13:37Comments(2)