さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2010年05月26日

羊蹄山


 


羊蹄山に残雪の白鳥が舞う。カッコウの初なきを聞く。  

Posted by chi at 18:57Comments(0)

2010年05月24日

チシマザクラ


   


 天気は下り坂、風が強い。そのうち雨が落ちてくるだろう。
 5年程前に植えたチシマザクラ、昨年は1輪だけだったが今年はたくさんの花をつけた。
いまは7分咲である。まるで盆栽のように、丈は小さいが幹は太く横に枝を伸ばしている。
うれしくて「よく咲いてくれたなあ」と声をかけて、しみじみと眺めている。  

Posted by chi at 13:23Comments(0)

2010年05月23日

オオタチツボスミレ


   


 うっかりしていると踏みつけてしまいそうなオオタチツボスミレが、
小道の木漏れ日の中でひっそり咲いていた。タンポポは明るい太陽の下で
春を謳歌しているように、いっせいに輝いている。毎日、清々しい日が続いている。  

Posted by chi at 13:47Comments(0)

2010年05月22日

シラネアオイ


   


 五月晴れのいい天気。窓を開け放すと、裏の林からコルリの張りのあるさえずりが聞こえてくる。
半月湖でスケッチをしてきたシラネアオイ。花びらのように見えるのは4枚のがく片で、ふくよかな感じが好ましい。  

Posted by chi at 13:21Comments(0)

2010年05月21日

タランボ


  


 たっぷり降った恵みの雨で、ヨモギが敷地内で丁度いい大きさになっていて摘んでくる。
そのすぐ傍には背丈位のタランボに新芽がついていたので手折ってきた。
ヨモギ餅を搗き、タランボはてんぷらにしよう。  

Posted by chi at 13:27Comments(1)

2010年05月19日

イタヤカエデ


   


 ついこの間までの風景をぐるりと回転させたように景色が一変した。
ナナカマドがいちはやく若緑の葉をひろげ、シラカバは浅葱色にイタヤカエデは
枝々に黄色い花をつけている。5月のさわやかな風が木々の間を通り抜けていく。  

Posted by chi at 13:22Comments(0)

2010年05月18日

キタコブシ


   


 昨日は春爛漫の陽気のなか札幌へ個展を見に出かけた。
中山峠を越えると山麓はキタコブシやエゾヤマザクラが新緑のなかでひときわ映え、
街はレンギョウ、ツツジ、チューリップなどがひざしをいっぱい浴びていた。
帰りは小樽まわりでフルーツ街道を走った。余市あたりでは緩い斜面にうすい
ピンクのサクランボの花がいまを盛りと咲いていた。長い冬から開放されて
気持ちのよいドライブを楽しむことができた。  

Posted by chi at 13:30Comments(0)

2010年05月16日

タケノコ


   


 朝はまだ気温がひくくてストーブをたく。
裏の林を歩いていてツツドリの初なきを聞く。
ポンポンと軽く筒をたたくようなリズムでユーモラスにひびいてくる。
 お隣の信子さんから福島県でとれたというタケノコをいただく。
土を押し分けてぐんと頭を出した勢いのよさを感じる。  

Posted by chi at 13:19Comments(0)

2010年05月15日

ショルダーバッグ




 長い間使いこんできた旅行用のショルダーバッグがすり切れてしまったので新しいのを買った。
前よりも大型で軽量、カメラ、折りたたみ傘、ペットボトルなどがすいすい入るし、
チェック柄のついたところは生地が透かしになっているので、入れたものがわかるようになっている。
実際に使用してみないとわからないがこのバッグを肩にかけて、さあ、西へ行こうか!南へ行こうか!   

Posted by chi at 13:27Comments(1)

2010年05月14日

オオルリ

   


 朝食の支度をしながらふっと窓ごしに目をやると、イタヤカエデの横にのびた枝に
青い鳥がとまっていて、胸がどきどきした。ルリ色の背がひかって美しいオオルリだった。
今年はじめての出会いである。  

Posted by chi at 16:53Comments(0)

2010年05月13日

エゾノバッコヤナギ


  


 今日も小雨がぱらつく寒い日、季節が戻ったようだ。多分羊蹄山は雪が降っているだろう。
 近くに生えているエゾノバッコヤナギは、雄花穂にいっぱい雨粒をためていた。  

Posted by chi at 13:27Comments(0)

2010年05月12日

キバナノアマナ


    


 昨日は午後からニセコ有島の丘へ野の花を見に出かけた。
人の姿はなく丘いちめんにカタクリ、フクジュソウ、エンレイソウなどが踏みいる
すきもない位に咲き乱れていた。キバナノアマナはところどころで群生していた。
今日は、昨夜からの雨が止まず風も強い。あの花たちは濡れそぼっているだろう。  

Posted by chi at 13:19Comments(0)

2010年05月11日

カタクリ


    


 春の妖精ともいわれるカタクリの花が近くの丘や公園で今を盛りと咲いている。
うちの庭にも1輪が花びらをそらして風にゆれている。  

Posted by chi at 13:21Comments(0)

2010年05月09日

バラ


  


 母の日。真紅のバラ、リーガベコニアの黄色、カランコエのピンクという
とりあわせのフラワーバスケットが届く。遠くに住む娘に会いたいと思う。  

Posted by chi at 13:43Comments(0)

2010年05月07日

餃子



   


 雨降りの肌寒い日になる。わが家のチシマザクラは芽がやっと
ふくらんだ程度で、花を見るのはかなり先のことになりそうだ。
 日持ちのいいギョウジャニンニクを毎日食べている。
おひたしや卵焼きやら豚肉と炒めたりしているが、餃子もいい。
細かく刻んで挽肉と練り合わせ皮に包む、たくさん作って冷凍にもした。  

Posted by chi at 13:24Comments(0)

2010年05月06日

水仙


     


この4、5日の暖かさで庭の八重咲き水仙がいっせいに開いた。  

Posted by chi at 13:13Comments(0)

2010年05月05日

エゾアジサイ


    


 雑草とひとからげで呼ばれているスイバ、ギシギシ、オオバコ、シバ類などが、
しっかり地面に根をはって勢力をひろげようと庭のあちこちから生えだしている。
野生のエゾアジサイも対生で芽吹いている。
 昨日、近くに住んでいる知人からシラカバの樹液をもらう。
くちあたりが柔らかくほのかに甘い。  

Posted by chi at 13:26Comments(0)

2010年05月04日

コバンソウ


 


 今年になってはじめて裏の林の中を散歩する。まだ雪は残っているが歩くにはさしさわりがない。
遠くからはキジバトの声が聞こえ頭上からはシジュウカラのさえずりが賑やかだ。
 軒下の雪が消えたあとにコバンソウが大きく葉をひろげている。
葉のまゝで雪と寒さに耐えてきたのだろう。赤紫の小さな花を見るのが待たれる。  

Posted by chi at 16:53Comments(0)

2010年05月03日

羊蹄山


  


 風が少々強いけれど、うすい雲をとおして柔らかな光が溢れている。
遠景は白くかすんで、いかにも春らしい。昨日は空に明るさが残っている
夕方の6時頃に羊蹄山が淡いピンク色に染まった。そのやさしい姿にしばし見とれていた。  

Posted by chi at 13:41Comments(0)