さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2010年08月30日

オオイタドリ


   


 オオイタドリは雌花序はたれ下がり雄花序は立ち上がっている。
咲きはじめるのは雄花の方が早い。この花が散り終わる頃には秋風が立っているだろう。
しかし、昨日に続いて今日も南から熱い空気が流れてきて30度を超えた。  

Posted by chi at 13:23Comments(0)

2010年08月29日

オオイタドリ


  


 風があるとは思えないが時々イタヤカエデの葉が揺れる。
雨になりそうな雲が空を覆っている。
 花期が終わりに近づいたオオイタドリは、丈を2メートル以上に伸ばし
猛々しい感じがする。下の葉が落ち白い小さな花を散らしている。  

Posted by chi at 13:57Comments(0)

2010年08月28日

ニワウメ


  



 雪が消えるのを待っていたように淡紅色の花をつけたニワウメが、
いま真っ赤な実をつけている。いつもの年より数が多い。
中国原産で、実は柔らかく甘酸っぱい味がする。  

Posted by chi at 13:25Comments(0)

2010年08月26日

イヌタデ

   
        


 この頃、うらの雑木林は蝉の声も途絶え野鳥のさえずりもなく静まりかえっている。
たまに山鳩のゼゼッポーを聞くとなんだかさびしい気持ちがする。
 一度刈られた跡に生えてきたイヌタデは、丈をのばしきれずに小さな花をつけている。  

Posted by chi at 13:21Comments(0)

2010年08月25日

オオアワダチソウ


    


 昨夜は少し丸みを欠いた月がぽっかり浮かび、ススキの穂は白くひかっていた。
久しぶりに見る月だった。家の前にある木々の間からオオアワダチソウが見える。
その名前の通りに黄色の泡々を乗せ、太陽の光を集めているように輝いている。  

Posted by chi at 15:21Comments(0)

2010年08月24日

ボルタ人形


    


 一昨日は、洞爺湖を眺めながら室蘭市民美術館へ向かう。
「絵画にみる室蘭の風景と街並み」という企画展をやっていて,
白鳥大橋や地球岬の大作が並んでいた。室蘭は鉄の街で、土産物店
にはボルトを半田付けした5センチ程のボルタ人形を売っていた。
100種類もあるとのことでびっくりした。これは絵を描くボルタ。  

Posted by chi at 17:05Comments(0)

2010年08月23日

エノコログサ


   


 どしゃぶりの雨になる。朝のうちに手折ってきたエノコログサを見ながら、
この降りではどこへも出かけられないなと思う。
 昨日は洞爺湖芸術館で、砂澤ビッキのダイナミックな作品を見てきた。
少しばかりくたびれた私は、勇気をもらったような気がしている。  

Posted by chi at 14:02Comments(0)

2010年08月21日

ヒメヒオウギズイセン


     


 5時に起きる。オレンジ色の朝日が雲間からさっと差し込みあたりが急に明るくなった。
夏落葉が吹き寄せられているのを掃く。ヒメヒオウギズイセンが、そこかしこで勝手に咲いている。  

Posted by chi at 13:50Comments(0)

2010年08月20日

エゾミソハギ


     


 空気が軽くなった。家の前の白樺は風に葉裏をひるがえしさざめくように揺れている。
 庭のエゾミソハギに白い蝶がひらひらと舞い降りた。
      

Posted by chi at 17:41Comments(0)

2010年08月19日

ミニトマト


   


 朝露がしっとりと草々を濡らしていた。肌寒いくらい涼しかったのが、
太陽が昇るにしたがってぐんぐん気温が上がり、昼頃には30度を超えた。
 近くに住む信子さんから菜園のミニトマトをもらう、太陽の恵みがつまっている。  

Posted by chi at 13:33Comments(0)

2010年08月15日

スミレ

   
    


 朝の風に「夏去りぬ」を実感。玄関脇に置いてある赤い花をつけたコッキョウソウの
鉢植えの中に、まるで寄せ植えしたように、ひとりばえの濃紫色の小さなスミレ、
サギゴケの薄紫、カタバミの黄色い花が咲いている。小さいながらも完璧な世界を
作っているように見える。スミレが話しかけるようにこちらを向いている。  

Posted by chi at 13:47Comments(0)

2010年08月14日

ネットメロン


   


 昔のネットメロンは高価だったが、今は地元で栽培したものを手軽に食べられるようになった。
よく冷えた果肉は柔らかくて甘く、しあわせな気持ちにしてくれる。  

Posted by chi at 13:31Comments(0)

2010年08月12日

ツユクサ

     



 空はいくぶん明るくなってきたが、昨日からの雨は休みなく降り続いている。
ツユクサは雨がよく似合う。  

Posted by chi at 17:03Comments(0)

2010年08月11日


  


 居間の窓ガラスに雨が降りかかり滴となって流れ落ちる。
そのガラスにオオシロオビアオシャクが留まったきりじっと動かない。
裏側から見ているが翅の色がうすみどり色をしていてきれい。  

Posted by chi at 14:11Comments(0)

2010年08月10日

アジサイ


     


 庭のアジサイのようなすっきりした青空をしばらく見ていない。今日も雲が多い。  

Posted by chi at 18:51Comments(0)

2010年08月09日

指ぬきと栞

    
   


 裁縫道具のひとつ、指ぬきは韓国らしい華やかな色と刺繍がすてきだ。
栞はブロックを組み合わせたように端切れを縫ったもので、伝統の組紐工芸が
調和してすばらしい。「ペパーミントやローズマリーの香水を栞に一つ二つの
滴を落とすとさわやかで清い気持ちになります」と添え書きがしてあった。
 夏の花も終わりに近づいているが、このむしむしとした暑さが蝶々には
うれしいようで、色や黄色、黒いのが飛んできている。  

Posted by chi at 13:40Comments(0)

2010年08月08日

蓮の花


   


 ソウルから南へ200km程下がったところに宿泊して、近くにある扶餘博物館や
百済古墳群を見て歩いた。又、噴水のある池を囲んで白やピンク色の花が咲く
ハス庭園を巡った。花は一片が手のひらくらいの大きさがあって見事なものだった。
強い日ざしのしたで、まるで白昼夢を見ているいうなひとときを過ごした。  

Posted by chi at 13:31Comments(0)

2010年08月06日

キムチ壺(ハンアリ)


    


 なんといっても韓国はキムチの国だった。料理店では無料でキムチが4種類程出てきて追加もしてくれる。
水キムチという唐辛子とニンニクを使わない汁気の多いのは酸味があってあっさりしていた。
車で走っていると、店頭にキムチ壺をたくさん並べて売っているのを時々見かけた。 
 今日は朝から気温が上がり30度を超えた。じっとしていても汗が滲んでくる。
暑さもこれで極まったという感じがする。  

Posted by chi at 18:36Comments(0)

2010年08月05日

紙人形

     


 思いがけない誘いを受けて韓国旅行をしてきた。ソウルでは、文化遺産に
指定されている宮殿のうち昌徳宮を見学した。時代を感じさせる美しい建物だった。
ミュージアムショップでオルゴール付きの紙人形を買う。韓国の歌にあわせて
人形がゆっくりまわるのが愛らしい。  

Posted by chi at 13:24Comments(0)