さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2012年01月29日

ツグミ

  

 きびしい冷えこみと、霏々と降る雪を眺め暮らしているうちに、
1月もあと2日を残すのみとなった。
 前庭のナナカマドの萎びた実を食べにツグミが飛んできた。
羽根を思いきりふくらませている。
     

Posted by chi at 15:02Comments(0)

2012年01月26日

ホットケーキ


  


 年越しそばを打ったときの粉があったので、今朝はホットケーキを焼いた。
ふっくらと焼き上がったケーキは、素朴な味と香りがしてコーヒーによく合う。  

Posted by chi at 13:26Comments(1)

2012年01月25日

お菓子


   


 パッケージが楽しいお菓子は京都俵屋のもの。お多福豆の形をした
焼き菓子が入っていてとてもおいしい。季節限定のようだ。  

Posted by chi at 13:38Comments(0)

2012年01月24日

冬木の芽




      かたくなに心閉ざして冬木の芽

      冬木の芽雲の切れ間の日を集め

      冬木立木の身になって立ってみる  

Posted by chi at 14:41Comments(0)

2012年01月23日

ドライフルーツケーキ


    


 陶器を焼いている幸子さんはケーキを焼くのも上手。ホシブドウ、アーモンド、クルミなどが入っている。  

Posted by chi at 15:45Comments(2)

2012年01月20日

羊蹄山


   


 少しずつ夜明けが早まっているように感じるが、6時の空はまだ暗い。
黒い羊蹄山がどっしりと目の前にあった。  

Posted by chi at 13:30Comments(1)

2012年01月19日

ニセコアンヌプリ

   


     今朝のニセコアンヌプリはピンクに染まった。  

Posted by chi at 13:33Comments(0)

2012年01月18日

シジュウカラ

  


 気温の低い日が続いているが、昨日今日と雪がちらつく程度で大雪はおさまった。
庭の裸木の股には雪の塊が大きいのや小さいのがたくさん乗っていておもしろい。
シジュウカラが飛んできた。くちばしで雪をつついている仕草がかわいい。  

Posted by chi at 13:50Comments(1)

2012年01月16日

キャベツ


   


 紫キャベツが1個ある。コロッケにはやはり繊切りキャベツを
添えるが、この紫色は派手でコロッケの方が負けている。  

Posted by chi at 13:41Comments(0)

2012年01月14日

さくら餅

  


 まだ春のことなど遠い先のことなのに、街のお菓子屋さんには
求肥の梅や椿をかたどったもの、さくら餅などが売られている。
桜吹雪を思い描きながら、香りのいゝさくら餅を食べた。
春よこい、早くこいである。  

Posted by chi at 13:55Comments(0)

2012年01月13日

イタヤカエデ


  



 音もなく雪が降る。庭のイタヤカエデは、2メートル以上の雪に
埋もれて横に張り出した枝は、翼果を落とした先だけを見せている。  

Posted by chi at 13:32Comments(0)

2012年01月12日

タマネギ

   



 「血液がさらさらになるよ」と言って知人が赤玉葱をくれた。
さっそくスライスして酢漬けにしてみた。つけ汁がうす赤く
少しとろりとしてきたので辛みが抜けて食べ頃かもしれない。
 真冬日が続いている。空気が凍てついているようで、さらさらの
細かい雪が降っている。  

Posted by chi at 13:34Comments(2)

2012年01月11日

バースディケーキ


   



 昨日が誕生日だった。近くに住む友だちが、お祝いにとイチゴがいっぱいのった
手作りケーキを静々とささげるようにして入ってきたり、もうひとりは三段の重箱に
赤飯をつめて持ってきてくれたりして、美味しく楽しい時間を過ごした。  

Posted by chi at 13:42Comments(1)

2012年01月09日

干し柿

 


  冬ごもり陽の熱こもる柿ふたつ  

Posted by chi at 13:34Comments(0)

2012年01月07日

白菜の塩漬

   



 年賀状の中に萬葉集を細い毛筆でしたためたものがあった。
「東の野にかぎろひの立つ見えてかへり見すれば月傾きぬ」
しばし萬葉の世界に心をあそばせていたが、何の矛盾もなく大きな
白菜を六つ割りにして塩漬けしたのがすごく美味しかったりする。  

Posted by chi at 13:27Comments(0)

2012年01月06日

手袋

   



 例えば、お財布とか傘を置き忘れたりすることはあまりないが、手袋だけは
片方を落としたり、いつの間にか見えなくなってしまうことが多い。今度の手袋は、
手首にふわふわの毛がついていて暖かそうだ。なくさないように気をつけよう。
 今日も荒模様の天気、どんどん雪の嵩がふえていく。  

Posted by chi at 13:31Comments(0)

2012年01月05日

アカゲラ


    



 いよいよ豪雪地帯の様相になってきた。昨日からの雪が降り止まず時々吹雪く。
台所の窓越しに見えるカラマツの大木にアカゲラがひょいと飛んできた。
雪の中で見る後頭の赤い色と黒い羽とのコントラストが美しい。  

Posted by chi at 13:36Comments(2)

2012年01月03日

草花


   



 穏やかな日和が続いている。昨年、雪が来る前に部屋に入れた草花の寄せ植えは、
ハコベが小さい白い花をつけ、シバザクラやスミレの葉は緑色が若々しい。
外の白い世界の中での小さな緑は、なぐさめをもたらしてくれる。  

Posted by chi at 13:36Comments(0)

2012年01月02日

日の出


   



 8時15分の日の出。羊蹄山の右端から昇ってきた太陽は、強い光を放ち神々しいまでに輝いた。  

Posted by chi at 13:38Comments(0)