さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2012年11月27日

オリヅルラン




 夏に土を入れかえたオリヅルランは新しい葉を根元から出し、
ランナーを5本伸ばしつゝ花をつけた。部屋の暖かさが心地いいらしい。
 午前中は猛烈な吹雪で、前方の木立が白くかすむくらいだったが、
いまは少し収まった。しかし雪の止む気配はない。  

Posted by chi at 13:39Comments(0)

2012年11月25日

ハシブトガラ

     

 枝に積もった雪を散らして野鳥が飛び交っている。
ハシブトガラのうしろ姿がかわいい。  

Posted by chi at 13:37

2012年11月24日

キノコ

  


 雪の降る日が続いている。除雪機を入れてあった掘立小屋の隅に、きのこが生えていた。
きれいな色でおいしそうだ。シメジのようだが、食べても大丈夫かなと思案中。  

Posted by chi at 12:35Comments(0)

2012年11月22日




 蘭の花はながく楽しめるのがいい。オンシジュームはこちらを向いて
話しかけたそうな顔をしている。私も、そっと「なあ〜に」と聞いてみた。  

Posted by chi at 13:27Comments(0)

2012年11月20日

銀杏




 朝から雪がちらちらと降り、あたり一面が白くなった。
昨日、札幌へ出た。時計台前の路肩に吹き寄せられた銀杏の
葉があり、ノートに挟んで持ち帰った。きれいな形をしている。  

Posted by chi at 15:03Comments(0)

2012年11月16日

フユシャク




 うらの笹やぶから小さな白い蛾がひらひらととんでくる。
フユシャクだ。窓ガラスに羽を折り重ねじっと止まっている。
雪が積もるまでの短い命に儚さを感じてしまう。
しっかりもののワレモコウは、固く乾き触れると小さな種子をこぼす。  

Posted by chi at 13:37Comments(0)

2012年11月15日

富有柿




 木枯らしが、黄金色をした針のようなカラマツの葉を散らしている。
寒々しい光景ながら、卓上に置いた富有柿の濃いオレンジ色をみると心が和む。  

Posted by chi at 13:26Comments(0)

2012年11月14日

ブラックベリー

 


 立派な実をつけたブラックベリーをもらう。
この枝を土に挿しておくと根付くかもしれないと思い、
庭の隅に植えた。  

Posted by chi at 13:36Comments(0)

2012年11月13日

食用菊


 


 わが家の末枯れた庭には菊だけが咲き残っている。食用になるのを摘み三杯酢で食べた。  

Posted by chi at 13:30Comments(0)

2012年11月12日

赤ビーツ

  


 昨夜からの強い風が朝になって雨を伴いひどい天気になった。
こんな日は、ストーブの上での煮込み料理がいい。手元にあるじゃがいも、
人参、玉葱に赤ビーツを使って、赤いスープを作ることにしよう。  

Posted by chi at 13:41Comments(0)

2012年11月11日

ケーキ

 


 おいわいごとがあって段重ねのケーキがある。おさなごのように、
わあっとかぶりついて口のまわりにクリームをべっとりつけてみたい。  

Posted by chi at 17:28Comments(1)

2012年11月10日

ヤーコン

 


 6月の末に植えたヤーコンの苗は、1メートル以上も
丈をのばし大きな錨のかたちをした葉を繁らせていた。
いよいよ枯れてきたので掘り出してみた。なんと、
ひょろりとした細長い芋が4本ばかり。一番太いのを
サラダにして食べる。ちょっと渋かった。  

Posted by chi at 15:31Comments(0)

2012年11月09日

シクラメン

 


 立冬も過ぎ、シクラメンの季節になった。  

Posted by chi at 14:33Comments(0)

2012年11月08日

落ち葉




 濡れて黒々とした地面に白樺の落ち葉がはりついている。どれもハートの
かたちをしている。愛情が散らばっているようで、ついスキップしてしまった。  

Posted by chi at 13:54Comments(0)

2012年11月07日

羊蹄山

  


 雪を持ってきそうな雲が空ぜんたいにひろがっている。羊蹄山は色を無くし静かに立っている。  

Posted by chi at 13:28Comments(1)

2012年11月06日


  


 今年の夏は雨が多かったせいか、家の東側の地面がスギゴケに覆われた。
踏むとふわふわして気持ちがいい。あと幾日もしないうちに雪の下になる
だろうが、いまは枯れた胞子がつんと立っている。  

Posted by chi at 15:33Comments(0)

2012年11月05日

きのこ




 うらの雑木林を歩く、わずかに葉を残した木々を透して
柔らかい日ざしが、小さくてなよなよしたきのこを包んでいる。  

Posted by chi at 13:28Comments(0)

2012年11月04日

ミヤマカケス




 白樺やナナカマドは葉を落とし細い枝々が空にとけこんでいるように見える。
 山から降りてきたミヤマカケスがジェーイと濁声でないた。  

Posted by chi at 14:07Comments(0)

2012年11月03日

おぼろ月




 湿気のある微温めの気温で、ぼんやりと夜が明けた。
大きくひろがった薄墨色の空にレモン色の月が浮かんでいた。
 今日は文化の日、有島記念館へヴァイオリン・リサイタルを聴きに行く。  

Posted by chi at 17:26Comments(0)

2012年11月01日

ツルリンドウ

  


 もう11月、日の経つのは早い。
 うらの林への入口に生えているツルリンドウは2カ所あって、
それぞれにたくさんの実をつけている。緑色の葉は枯れずに
このまま越冬する。強い草である。  

Posted by chi at 13:19Comments(0)