さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2014年02月24日

ニセコアンヌプリ



 雪の降らない日が続いているが、そのぶん朝の冷え込みがきびしい。
あけはじめた空に欠けた月が残っていた。ニセコアンヌプリは
うすくかかった雲とともにピンク色になり、刻々とその色を変えていった。
太陽が昇ると、山肌は白い陶磁器のような輝きをみせた。  

Posted by chi at 13:48Comments(0)

2014年02月23日

シクラメン



 昨年の11月から部屋に置いた鉢植えのシクラメンが今もたくさんの花をつけて
色彩の乏しい日々をたのしませてくれる。かなり神経質な花なので気を使う。
根元から次々と蕾が立ちあがってこれで三かわり目めになる。
昨日今日と町は雪祭りで賑わっているだろう。  

Posted by chi at 14:07Comments(0)

2014年02月21日

雪だるまペアだんご



 雪がちらついたり雲間から日差しがあったりの変わりやすい天気だが、春が近づいたことを感じさせる。
町内のだんご屋さんでは冬季限定の雪だるま串だんごを売っている。ペアになっていてかわいい。  

Posted by chi at 13:30Comments(5)

2014年02月18日

ホウレンソウ



 ポパイのホウレンソウで元気もりもり・・・ということもないけれど、お浸しにしたり胡麻和えにして
よく食べている。小松菜、青梗菜、大根菜など、その時々で使いわけている。  

Posted by chi at 15:31Comments(0)

2014年02月14日

チョコレート



 心の弾むバレンタインデー。かわいい白熊のチョコレートを手渡された。
うれしくて胸がキュンとなった。女同士だってお互いに贈りあうのはたのしい。  

Posted by chi at 17:48Comments(0)

2014年02月13日

カラマツ林



 朝のひえこみがきびしい。羊蹄山の裾野にひろがるカラマツ林を
とおして朝焼けの空がオレンジ色に染まっていた。  

Posted by chi at 13:39Comments(0)

2014年02月12日

ハートカズラ



 雪の上に木々の影がはっきりとうつり透き通るような青い空がひろがっている。
ああこんな日を待っていたのだ。窓辺に吊したハートがずらは、この日差しに
莢がはじけて綿毛がふわふわ部屋の中をとんでいる。  

Posted by chi at 13:44Comments(0)

2014年02月11日

赤飯



 お祝い事のある家から甘納豆入りの赤飯をいただいた。
おめでたいことを共有できることがうれしい。
甘くてもちもちしていておいしい。  

Posted by chi at 14:16Comments(0)

2014年02月10日

イタヤカエデ



 昨日よりもその前よりも暖かくなった。雪はちらつく程度で積もるのを気にかけることもない。
 家の横のイタヤカエデは雪にうもれ枝先が目の前にある。まだ芽はかたい。  

Posted by chi at 14:15Comments(0)

2014年02月08日

ポインセチア



 ひりつくような寒い朝だったが、昼近くなって空気が柔らかくもやっとしてきた。
早く本当の暖かさがきてほしい。少ない日差しの中だが、鉢植えの花々が健気に
咲いている。ポインセチアは今頃になって赤い新葉を4,5枚ひろげてきた。
去年の11月から12月にかけて夕方5時から翌朝の7時まで箱をかぶせて
暗くしておいた効果が現れたようだ。  

Posted by chi at 13:49Comments(0)

2014年02月07日

ツルアジサイ



 今週に入ってから断続的に雪が降り続いている。
向かいの平屋はすっぽり雪に埋もれてここからは見えない。
うらの白樺の木にからみついているツルアジサイの
枯れ花が雪の上に落ちていた。渋い色あいがきれいだ。
  

Posted by chi at 13:45Comments(0)

2014年02月05日

小揚



 小揚げがあると、いろいろなものを詰めたくなる。
今回は納豆を入れて口をしばり焼いてみた。
揚げがかりかりして香ばしく中の納豆は柔らかくて、
まあまあの味だった。
朝から細かい雪が降り、かなり積もっている。  

Posted by chi at 13:45Comments(0)

2014年02月04日

恵方巻き



 昨夜の夕食は恵方巻きに手打ちそばだった。一応世間並みのことをした。  

Posted by chi at 14:52Comments(0)

2014年02月03日

かんじき



 節分。ここに住みはじめの冬、町内に竹細工の職人がいて、かんじきを編んでもらった。
このあたりのネマガリダケを使っているのだが丈夫で長持ちしている。今はスポーツ店で
機能的なスノーシューを売っているが、竹の素朴さがいい。  

Posted by chi at 13:59Comments(0)

2014年02月02日

明けの明星



 今朝6時15分頃、羊蹄山の上に明けの明星が光っていた。空は暗く山裾がすこし明るい。
放射冷却現象できびしく冷えこんでいた。晴れていたのは朝のうちだけで、曇り空で風が強い。  

Posted by chi at 13:47Comments(0)

2014年02月01日

キハダ

   

 如月。今日も荒れ模様の天気。風で大きく揺すられた木々に
はりついた雪がとばされている。うらの沢ぞいにあるキハダの
大木はごつごつした黒い実をたくさんつけている。野鳥には
好まれないのかも知れない。  

Posted by chi at 14:06Comments(0)