さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2015年01月29日

子宝草

  

 ひと夏で丈を1メートル以上のばした子宝草は、たくさんの花をつけ見応えがある。
ベンケイソウ科で肉厚の葉の縁に子が並んで付くのでその名がついたという。
洞爺の佐藤さんからもらったときは小さな葉が4枚だけだった。
 小説で小池昌代の「たまもの」を読む。読み終えて、様々な賜物を授かっているような気がしている。  

Posted by chi at 13:18Comments(0)

2015年01月26日

食パンと紅茶

  

 ひらふスキー場周辺の賑わいを見ながら新しく出来たスーパーに入り、並べられている食料品や、
ずらりと棚にねかされているワインを見て歩いた。輸入品がおおい。客のほとんどが外国人で籠を
さげていた。そのあとルピシアでケーキに紅茶をのみ寛いだ。玄関脇には鉄の彫刻の大きな駱駝が
雪に半分埋もれていた。裏手にあるお店で、食パンとニセコ特製の缶詰茶を買った。  

Posted by chi at 14:15Comments(0)

2015年01月24日

コナラ

  

 昨日の風雪はおさまり雲間から時折り光が差しこむまあまあの天気。
 雪の上にコナラの枯葉がまるまっていた。  

Posted by chi at 13:18Comments(0)

2015年01月22日

アボカド

   

 アボカドを買う。村上春樹のエッセイ集「おおきなかぶ、むずかしいアボカド」を肩の力を
抜いて気楽に再読しているところ。又、インターネット上での「村上さんのところ」の読者との
やりとりを見ているけれど、すごく真面目に答えているので好感がもてる。  

Posted by chi at 13:23Comments(0)

2015年01月20日

1月20日の記事

     

   大寒 雪が降る 
   静かに積もっていく 
   卓上の百合が香る 
   きびしくてさみしい冬  

Posted by chi at 13:51Comments(0)

2015年01月17日

卓上箒

    

 朝のうちは、ちらちらと雪が降る程度だったが、
午後になって風をともない本格的な降りになる。
 先日の続きで卓上箒、これは扱いやすく、
パンくずなどを掃いたりして使っている。  

Posted by chi at 13:42Comments(2)

2015年01月15日

座敷箒

    

 今日は小正月。
手作りのことが見直されていて、この前座敷箒のことをテレビで話題にしていた。
うちにも昔使っていたものがいまでも壁に掛けてある。よく見ると柄には梅の花模様が
彫られているし、編み方は複雑で、この職人技には感心する。捨てがたいもののひとつである。  

Posted by chi at 13:51Comments(0)

2015年01月12日

ブラウス

 

 前身頃にレースをあしらったウールのブラウスを着て食事に出かけた。
新調の服は気分がいい。
 カボチャのポタージュを作った。  

Posted by chi at 13:36Comments(0)

2015年01月11日

シクラメン

     

 昨秋から花芽をもたげていたシクラメンがひと花開いた。
外の白い雪を見ながらこの花に目を移し心を和ませている。  

Posted by chi at 13:51Comments(0)

2015年01月10日

バースディケーキ

 

 雪はちらちらと降っているが穏やかな日和になる。
わたしの84回目の誕生日、よく歳を重ねたものだと思う。
大きなケーキのプレゼントがあった。メールや電話もあり、
こんなに良いことがあるのだから来年まで頑張ろう。  

Posted by chi at 14:49Comments(1)

2015年01月09日

朝の月



 朝6時の月。中空にふわりと浮かんでいた。
月を見たこともあって、私の今日のイメージカラーはレモンイエロー。  

Posted by chi at 13:46Comments(0)

2015年01月08日

ツグミ

 

 1昨日からの猛吹雪がどうやらおさまりそうだ、その間はじっと家にこもっていた。
ナナカマドの実は少なくなったけれど、ツグミが群れて飛んできた。  

Posted by chi at 13:17Comments(0)

2015年01月05日

金髪のひと

   

 ギャラリーに金髪を三つ編みにした若い女性が訪れた。
思わず抱きしめたくなるようなチャーミングなひとで、
言葉を交わさなくてもお互いに好意を持っていることが感じられた。
冬景色の絵を気に入ったこともうれしかった。
今年はすてきな出会いがたくさんなような予感がしてくる。  

Posted by chi at 13:44Comments(0)

2015年01月04日

和捻じょ

 

 正月三ヶ日はお雑煮だったが、今朝はトーストにコーヒーで普段に戻った。
年始に行った先で、十勝の長芋をもらった。普通のと違ってヒゲ根が1本もなく、
すべすべの肌をしている。皮をむかないで、そのまま食べられるという。
まあ、私の肌のほうがすべすべつるつる度では勝っている。  

Posted by chi at 12:52Comments(0)

2015年01月03日

アカゲラ

    

 ここに住みついて三十数年になり家屋は古びてきたが、
うらの雑木林は幹が太くなり立派な林になった。
そこに大きな[FOR SALE]の看板が立った。
外国人に目をつけられそうだ、どうしよう。
 雪のはりついたヤチダモの木にアカゲラが飛んできた。  

Posted by chi at 13:39Comments(0)

2015年01月01日

ひつじ年

 

 朝のまぶしい光は目に痛いほどだった。雪面の結晶がダイヤモンドのようにきらめいた。
元旦の夜明けは思いがけない日の出を迎えることができ気持ちが明るい。
今年はひつじ年で、私は年女である。よきことがたくさんあるような気がする。  

Posted by chi at 16:11Comments(3)