さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2015年04月29日

キタコブシ

 

 いつもの年より早い桜の開花を見てきた。車を駆り南へ行くにつれて若草の緑、
キタコブシの白い花、山桜の濃いピンクが見えてきて、まだ平地に残雪を見ている
目にはまぶしく映った。松前の桜、南殿は満開で、光善寺の血脈桜は古木で大きく
四方に枝を張り見とれるばかりだった。函館では、五稜郭公園の桜を見、美術館で
「スサノオの到来」を観た。刺激的な展示だった。  

Posted by chi at 14:09Comments(0)

2015年04月25日

ウグイス

 

 ウグイスの初鳴きを聞きながら歩くのは気持ちがいい。
羊蹄山の上に飛行船のような雲が浮かんでいた。
国道へ出るところの角の家ではニワトリを飼っていて
コケコッコーと時を告げる。あゝ食われもせずに冬を
越したのだと安堵する。  

Posted by chi at 14:30Comments(0)

2015年04月22日

ウソ

  

 近くの橋を渡っているとき突然下流の方から「フィフィーフイー」と
口笛を吹いているような声がした。しばらくぶりに聞くウソの鳴き声だった。
頬のきれいな紅色を思い出す。
 西村美和の小説「永い言い訳」を読む。  

Posted by chi at 13:41Comments(0)

2015年04月20日

羊蹄山

  

 昼頃から雨になったが、朝のうちは高曇りで春のよそおいになった。
羊蹄山がくっきりと見えていた。  

Posted by chi at 14:19Comments(0)

2015年04月19日

水性ニス

 

 居間の日あたりのいい床の部分が色褪せてきたので、ニスと刷毛を買ってきた。
水性ニスを水でのばして塗りを三度繰り返したら、色むらはあるけれど見栄えがよくなった。
 春土用、丑の日という宣伝にのせられて、今夜はウナギの蒲焼きが届くことになっている。早く食べたい。  

Posted by chi at 13:53Comments(0)

2015年04月17日

ホウレンソウ

  

 春のホウレンソウはあくが無くて柔らかい。お浸しで削り節をたっぷりかけて
食べるおいしさは、この時期ならではのものだ。毎日食べたいと思う。
 朝から大荒れの天気、風雨が強い。  

Posted by chi at 16:02Comments(0)

2015年04月15日



 雨が音を立てゝ降っている。窓ガラスの雨滴が流れおちるのを見ながら
向かいの白樺の木立に目を移すと、うっすらと若草色になていた。
昨日の暖かさとこの雨で、いっきに芽が吹き出したのだろう。
何かなと落ちているもさもさしたものを拾ったら白樺の樹皮に
ついた苔だった。霧吹きで水をやって育てゝみよう。  

Posted by chi at 14:04Comments(0)

2015年04月13日

エゾノリュウキンカ

 

  花びんに挿しておいたエゾノリュウキンカが開いていた。初々しい。  

Posted by chi at 13:41Comments(0)

2015年04月12日



 尻別川岸辺の柳は芽吹きが早く今は黄色い花をつけているが、道路脇に生えているのは、
残雪の中から出たばかりで小枝には、鱗片を落とした芽の軟毛が光をあつめていた。  

Posted by chi at 13:49Comments(0)

2015年04月11日

アイヌネギ

   

 昨日の夕食は、フキノトウの味噌汁にアイヌネギの卵とじだった。
旬の山菜を味わうことで春を実感した。今年の桜開花予想は5月4日と
いうことで、花見を楽しむのはもう少し先のことになる。  

Posted by chi at 13:15Comments(0)

2015年04月10日

ハンノキ

  

 ハンノキの樹皮はややこしい模様をしている。  

Posted by chi at 13:37Comments(0)

2015年04月08日

エゾノリュウキンカ

   

 今朝、新雪がすこし積もっていた。冬に戻ったようで寒い。
裏の沢に降りると、湧水の流れる小川のほとりで、エゾノリュウキンカの
ひろげた葉が堅い蕾を包みこむようにしていた。暖かい日ざしが待たれる。  

Posted by chi at 13:46Comments(0)

2015年04月07日

カラマツ

  

 うらの林では木の根が大きく開いているが、雪はまだ60センチほど積もったままだ。
カラマツの根は浅いことで倒れたり雪の重みで折れた枝が、あたりに散乱している。
それでも古木の幹は、まっすぐに伸び黒々として風格がある。
 今日は寒い。花吹雪ならぬ雪片が風にのって流れる。  

Posted by chi at 13:36Comments(0)

2015年04月06日

ハンノキ

 

 家の近くの白樺林が、朝の深い霧の中にぼうっと浮かんで見えた。その奥の方から
「デデッポーポー」とくり替えし鳴くキジバトの声を聞く。今年なじめて聞いた。
 昨日の風で折れたのか、ハンノキの小枝を拾う。  

Posted by chi at 14:24Comments(0)

2015年04月05日

蕗の薹

   

 風が強い、向かいの木々は大きく左右に揺すぶられている。
日当たりのよい道端には、待っていたとばかりに蕗の薹が枯れ草の
あいだからぽつぽつ顔を出している。浅い春の色を感じる。  

Posted by chi at 13:52Comments(0)

2015年04月04日

昆布岳


 
サンモリッツ大橋から眺める昆布岳は、頂上のとんがりに朝日が当たると、
その光と影によってより立体的に見える。たまたま大きな犬を連れた
山本さんに出会い、ニセコのマッターホルンと言われているのですよとのこと。
スケールは大違いだけど、なるほどなあと納得した。  

Posted by chi at 13:52Comments(0)

2015年04月02日

キビナゴ

  

 九州産、串に刺されて行儀のいい一夜干しキビナゴを食べる。
頭から尾まで丸かじり、カルシウムがとれた。
 又直樹の小説「火花」を読む。  

Posted by chi at 13:17Comments(0)

2015年04月01日

ハクセキレイ



 朝の歩き、頬にあたる風はつめたいが、雲間から太陽が差しこむと、すうっと暖かくなる。
白樺の梢でホオジロが声高く「チョッピイーチチロ ピピロピィー」とないた。
道路に降りてきて餌をさがしているのはハクセキレイ。もう渡ってきたのだ。  

Posted by chi at 15:25Comments(0)