さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2017年02月26日

干し柿

    

 雪の降る日が続き、向かいの家の軒が見えなくなった。今年は雪の少ない
年かと思っていたが、そうはいかないようで今も降っている。
 吉野の干し柿を買った「たねなし柿を寒風で干し上げました」と添え書きにあるように、
かんかんに干せていた。歯を立てて果肉を噛むと自然の甘味が広がっておいしい。
私の顔も寒風に晒されてかなり干せている。せめて味を深めたいものだ。  

Posted by chi at 14:00Comments(0)

2017年02月24日

トドマツ

  

 2月もあと4日を残すのみとなったが、雪は降り積もる。
昨日まで軽やかに揺れていた松の枝には、重たい雪がのり垂れている。  

Posted by chi at 17:16Comments(0)

2017年02月23日

双眼鏡

     

 寒気がゆるんで松の木にのっていた雪は落ち、風にゆれている。
双眼鏡を手元に置いて、野鳥の渡りを待っているのだが、まだ見かけない。
どうも年をとると気ばかりが先走ってしまう。
早くウグイスの初鳴きをききたいものだ。  

Posted by chi at 13:21Comments(0)

2017年02月20日

ニシンの干もの

     

 冷凍の開きニシンがある。解凍し2・3日つるし干しにしてから食べようと思う。
 真冬なみの寒さが続く。桜を見る旅の情報に心がゆれる。  

Posted by chi at 13:39Comments(0)

2017年02月19日

菜の花

    

 スーパーに房総の春が来ている。蕾がかわいい菜の花を、からしあえにして春を食べよう。  

Posted by chi at 13:40Comments(0)

2017年02月18日

デコポン

    

 夜明けの中空に半月があり冷えこんでいた。まもなく雲に覆われ雪が降ってきた。まだ寒い。
 愛媛八幡浜のデコポンが届いた。雪を見ながら食べ四国の蜜柑畑を思う。  

Posted by chi at 13:25Comments(0)

2017年02月15日

巣ごもり卵のチョコレート

     

 昨日夕方、ホテル綾NISEKOのギャラリーへ陶器の展示を観にいってきた。
雪原をイメージした平皿や壺はすばらしかった。酒器のセットもあった。
バレンタインデーということで、ぐい呑みでのコーヒーと巣ごもり卵のチョコレートでおもてなしを受けた。
子供たちからのチョコレートもあって、形や味もいろいろのチョコレートを満喫した。  

Posted by chi at 13:27Comments(0)

2017年02月12日

チョコレート

     

 バレンタインデーが近づくとなんとなく落ち着かない。自分チョコは置いておいて、すぐ側にいる人に贈ろうと思う。
そんな時、和ちゃんから私宛にチョコレートが届いた。なんという嬉しさだろう。ブック型の箱に詰めてあって、
ウイスキーボンボンがかわいい。チョコレートとブランデーが口のなかでとけあってしあわせ。
  

Posted by chi at 13:45Comments(0)

2017年02月11日

カプチーノ

    

 街のイタリアレストランで食事をした。牡蛎ソースのニョッキと自家製の
パンがおいしかった。コーヒーははカプチーノ、ハートがうれしい。
  

Posted by chi at 16:34Comments(0)

2017年02月09日

ミズナラ

    

 午前中は青空がひろがり、木々の影が縞模様を雪面に落としていたが、
うす雲が太陽をかくしてしまった。裏の雑木林にキタキツネとエゾリスの
足跡が残っていた。夜中に歩きまわっていたのだろうか。
雪に半分埋もれたミズナラの葉を拾う。ミズナラの冬芽はかたい。
  

Posted by chi at 13:46Comments(0)

2017年02月08日

蜜柑

     

 静岡の三ヶ日蜜柑をもらった。
普通の蜜柑と大きな夏柑の中間くらいの大きさで新種ということだった。
一房で口いっぱいになり食べごたえがある。
 曇り空で暖かいような寒いような、どっちつかずの天気だが、
スキー場では良い雪質と聞いた。  

Posted by chi at 16:01Comments(0)

2017年02月07日

ムーンストーン

 

 スリランカのムーンストーンを持っている。近くに住む結城モイラさんから「パワーストーンの教科書」
2015年出版をサイン入りで贈られた。著書の中に「乳白色の月の光を閉じ込めてような渋い輝きがあり、
月の満ち欠けによって輝きが変化する。女性にとって最高の守護石」と書いてあった。そうであるならば、
さっそく肌につけてパワーをもらうことにしよう。満月に夜に石に光を集めると十字星が浮かぶと聞いた。
ためしてみよう。  

Posted by chi at 13:56Comments(0)

2017年02月06日

Tシャツ

     

 冬のきびしさがゆるんで空気がもあっとしている。気持ちもゆるんでしまいそうだ。
 小川原脩記念美術館では絵はがきやTシャツなどを売っている。
今回新しいデザインのTシャツを追加した。チベットのヤクのスケッチ画がいい。
  

Posted by chi at 13:49Comments(0)

2017年02月05日

キャベツ

     

 朝6時の空には、あけの明星がひかり、山裾は淡いオレンジ色で夜明けが
はじまっていた。午後からはうすい雲がひろがってきたが、穏やかな日和になる。
 雪の下で眠っていたというキャベツを買う。柔らかくて甘味があり、
生でせん切りにして食べるとおいしい。  

Posted by chi at 13:51Comments(0)

2017年02月03日

鬼の面

  

 節分には、落花生と鬼の面が定番で、北北西を向いて恵方巻にかぶりつくという人並みの
ことで一日を終えることにしよう。冬から春へと一歩踏み出したような気持ちがする。
 原田マハ「デトロイト美術館の奇跡」を読みはじめる。  

Posted by chi at 14:26Comments(0)

2017年02月02日

小さな花

  

 トルコキキョウに添えられていた水色の小さな花は、しぼむことを
忘れたように咲き通している。ひかえめでいいなぁと思う。
 村田沙耶「コンビニ人間」昨年の芥川賞を受賞した小説を読んでいる。
 外は吹雪模様。  

Posted by chi at 13:38Comments(0)

2017年02月01日

衿巻ジバン

     

 気分が明るくなるような綿の衿巻ジバンは、SOU・SOU京都の洋服。春らしさを感じた時に手を通して出かけたい。  

Posted by chi at 13:50Comments(0)