さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

ログインヘルプ


2018年12月30日

     

   東京の知り合いが結んでくれた縁で千葉の箸専門店から袋入りの箸が送られてきた。
八角形に杉材を削ったもので仕上がりが美しい。新しい歳の雑煮の膳に初おろしをしようと思う。
人のつながりの不思議さと暖かさがうれしい。
明日大晦日までこの雪は降り続くのだろうか、降りしきる雪を眺めている。  

Posted by chi at 16:19Comments(0)

2018年12月29日

カーネーション

     

 郵便受けまで雪をかきあげながら新聞をとりに行くのだが。今朝の雪は、しっとりとして、
まるで絹のような感じだった。これがシルキースノーで、スキーヤーにはたまらないだろうが、
除雪作業を思うとよろこんでもいられない。
 一昨年の母の日に娘から贈られたカーネーションが一花咲いた。蕾の数がたくさん立ち
上がってきているので長く楽しむことができてうれしい。  

Posted by chi at 14:23Comments(0)

2018年12月28日

スキー

     

 連日の降雪で裏窓から見える雑木林はクマザサがすっかり埋もれてしまった。こうなると、
林の中を自由に歩くことが出来る。雪が落ち着いたらスキーをはいて沢の上流まで行ってみよう。
 じっくり本を読むには、雪にとじこめられる日々がいい。先日読み終わったのだが
「冒険家のスケッチブック」ヒュー・ルイス・ジョーンズ&カリー・ハーバード著 和田侑子訳、
グラフィック社発行の分厚い本で、世界の冒険家の残した日記やスケッチブックを集めたものだった。
日本人では、植村直己が載っていた。巧まざるスケッチがとてもいい。  

Posted by chi at 14:38Comments(0)

2018年12月25日

りんご

     

  えみちゃんから貰った黄色いリンゴを見て朝の月を思い出した。
夜の明けきらぬ暗い空に、丸い月がおぼろに浮かんでいた。
いつのまにか月は満ち、そして欠けはじめていた。  

Posted by chi at 14:54Comments(0)

2018年12月22日

カボチャ

     

今日は冬至なので地元のカボチャと十勝の小豆で汁粉を作った。風邪をひかないようにと願って食した。
これからは畳の目ほど日脚がのびると思うと気持ちが明るくなる。  

Posted by chi at 13:34Comments(0)

2018年12月20日

ゆり根

      

 月はじめに道の駅で買ったゆり根をおが屑の中からとりだした。
片鱗の茶色のところを削って、タマネギのみじん切りとバターで
炒めてポタージュを作った。ほんのりあまくておいしかった。  

Posted by chi at 13:40Comments(0)

2018年12月18日

高野槙と富有柿

     

 九州の隆禅さんから小包が届いた。包みを開けるとぷうんと線香の匂いがした。
新しい年を迎える縁起物として猪に松竹梅の切り絵が入っていた。
高野槙の枝の下に干し柿やみかん富有柿があって、その心配りがうれしい。
 朝から降る気配を見せていた雪が、昼すぎになって、わあっと降ってきた。  

Posted by chi at 13:43Comments(0)

2018年12月17日

大長葱


     

 矢切の大長葱が届いている。冬の間たべられるように、一本ずつ新聞紙にくるみ物置に立てて置いてある。
食べることより先に、のど風邪をひいたので一本を丸のまま焼いてガーゼのタオルに包んで首に巻いた。
焼きたては熱いけれど、しばらくするとほかほかとのどが温まり気持ちがよかった。
民間療法のひとつだが、効果てきめん痛みがおさまった。食べるのを優先したかったのに残念でもある。  

Posted by chi at 13:51Comments(0)

2018年12月13日

ニセコアンヌプリ

   

  今朝7時のニセコアンヌプリはサーモンピンクに染まっていた。
   

Posted by chi at 13:47Comments(0)

2018年12月11日

干し柿

   

 昨日、洞爺湖町に住む弟夫婦が干し柿を持ってきてくれた。
毎年、いまの時季になるとうまく干せたのをもらう。
今年は不作で数が少ないというが、ありがたい。
こちらの雪の多さに驚いていた。  

Posted by chi at 13:57Comments(0)

2018年12月10日

シクラメン

    

 冬になるとシクラメンを窓辺に置きたくなる。真紅のを一鉢買ってきた。
雪降りが続いているがなぐさめになる。  

Posted by chi at 14:20Comments(0)

2018年12月07日

きく茶

    

 向こうが霞むくらいの密度で雪が降っている。
こんな日は、どこへも出かけたくないのだが、歯医者の予約日で行かなければならない。
中国の乾燥した菊茶がある。お湯を注ぐと、ゆっくり黄色の花がほどけた。いい香りがする。
身体を温めてから出かけよう。  

Posted by chi at 15:54Comments(0)

2018年12月05日

エゾアジサイ

   

 昨日までの暖かさで、家の軒下に積もっていた雪がきれいに消えた。
雪に埋もれていたエゾアジサイが突っ立っている。
色は抜けたけれどいい感じに枯れている。
昼を過ぎてから気温が下がり雪がちらついてきた。  

Posted by chi at 13:57Comments(0)

2018年12月03日

カニサボテン

     

夏にたくさんの花をつけたかにサボテンを、鉢の土を替え室内にとりこんだ。
窓ぎわの日ざしの当たるところに置くと、すぐにつぼみをつけてた。
日毎にふくらみ、ついには花が開いた。
雪景色の中で見る花は色が鮮やかで、外の寒さを忘れさせ気持ちがほぐれる。  

Posted by chi at 14:00Comments(0)

2018年12月02日

駒ヶ岳

     

 昨日「おんがくとすてきなもの」というコンサートがあって函館へ出かけた。
今日は天気がよく、駒ヶ岳を眺めながら大沼をひとめぐりして初冬の景色を楽しんだ。  

Posted by chi at 16:23Comments(0)