さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

ログインヘルプ


2019年02月27日

シクラメン

     

   去年の初冬に買ったシクラメンが実をつけている。これまでに見たことがなかったのでびっくりした。
  シクラメンは球根で増えるのではなく、種子から育てることを知った。この実が弾けたら種を採取して播いてみたい。  

Posted by chi at 13:52Comments(0)

2019年02月25日

シジュウカラ

     

  居間の窓から見えるイタヤカエデの木に巣箱を付けてある。
  この前、シジュウカラが近くの枝にとまった。
  この箱を使って雛を育ててほしいなと思う。  

Posted by chi at 14:02Comments(0)

2019年02月24日

ニセコアンヌプリ

     

 夜明け前の淡い水色の中空に半月が浮かびニセコアンヌプリはピンク色に染まっていた。  

Posted by chi at 14:06Comments(0)

2019年02月21日

エゾバッコヤナギ

     

 スキーで歩いていて雪の上に突き出しているエゾバッコヤナギを見つけた。  

Posted by chi at 13:24Comments(0)

2019年02月19日

朝焼け

     

 朝、6時少し前に、東の山裾が赤く染まりかけていた。
6時をまわったところで、羊蹄山のうしろが燃えるように赤くなった。
これほどの朝焼けは、はじめてのような気がする。  

Posted by chi at 13:45Comments(0)

2019年02月17日

グラタン

     

 この前、友人からゆり根のあんパンを焼いたからと言ってもらった。
今度は、ゆり根のグラタンを「オーブンにれて焼くだけ」と言って器に
入ったものをもらった。さっそく持ち帰り焼きたてをはふはふして食べた。
やさしい味がおいしかった。  

Posted by chi at 14:22Comments(0)

2019年02月15日

 玉葱

    

     うす暗い物置の片隅で玉葱が芽吹いていた。  

Posted by chi at 14:00Comments(0)

2019年02月13日

帽子

  

 台所の窓から見える雑木林は目線の高さまで雪が積み上がった。
昨日スキーで歩いた二本の筋が見える。茶碗を洗いながらそのシュプールを
見て滑る快感を思い出している。
 ずっと前に、原毛から糸繰りをはじめて棒針で編んだ帽子をかぶっている。
アクセントにかぎ針で編んだ花をつけてある、先日「かわいい帽子ね」と言われ、
ちょっとうれしかった。  

Posted by chi at 13:58Comments(0)

2019年02月12日

絵付け小瓶

     

 先日、街なかに「やきいもと雑貨の店」がオープンしたので行ってきた。
店内は、香ばしい匂いがして気持ちがほっくり、棚には、手編みレース製品に大小の瓶や
大きな卵の殻に彫刻絵付けされたものが並んでいて、展示もセンスがいいなと思った。
店の奥は、工房になっていて電動ミシンノコギリ、壁には工具、絵付け用のインク、
ペンと様々に掛けられていた。もちろん焼き芋を買った、茨城産ですごく甘かった。  

Posted by chi at 13:51Comments(0)

2019年02月08日

    

 津村記久子の短編小説「浮遊霊ブラジル」を題名と装画に惹かれて読んだ。
本当に面白かった。私も死んだら幽霊になって人の耳の穴に入りこんで、
ブラジルに、そしてアイルランドに行ってみたいと思った。
 寒気にすっぽり包まれ向こうが霞むくらいの細かい雪が降っている。  

Posted by chi at 13:51Comments(0)

2019年02月07日

ゼラニュウム

     

 部屋の窓ぎわに置いた鉢植えの花々が次々と咲いてうれしい。ゼラニュウムは
まだつぼみを持たないが葉の寄り合っているのがいいなぁと見ている。
 昨日の午後、うらの林を抜けて泉郷の方までスキーを滑らせていった。
小さな流れは雪に埋もれ見えかくれしていて水の音も聞こえなかった。  

Posted by chi at 16:51Comments(0)

2019年02月05日

ミヤマカケス

      

 雪をついてミヤマカケスがとんでくる。家の前のイタヤカエデの
樹にかわいい巣箱を取り付けたが、カケスには小さすぎる。
シジュウカラが巣作りをはじめる春を待つことにしよう。  

Posted by chi at 15:43Comments(0)

2019年02月04日

フリージァ

   

 買い物ついでに寄ったホーマックでフリージアの鉢植えがあったので買い求めた。
二人で暮らしはじめた頃、春が待ち遠しくて部屋に飾り、香りとレモンイエローの
色合いを楽しんだものだった。
 今日は立春、すぐにとけてしまうような雪が降っている。  

Posted by chi at 13:56Comments(0)

2019年02月03日

カーネーションとニセコアンヌプリ

     

  今日は節分、豆は播かないが福の春が入ってきたような気がする。午前中は昨日の
吹雪もおさまり、明るい空に羊蹄山とニセコアンヌプリがきっぱりした姿をみせていた。
 先日、サーモンピンクのような優しい色合いのカーネーションを1本プレゼントされた。  

Posted by chi at 16:06Comments(0)

2019年02月01日

洞爺湖

     

 冬の朝、曇り空の中、洞爺湖の中の島は湖面にうっすらと影を落としていた。
墨を流したような風景を飽かず眺めていた。鴎が白い胸毛を見せて横切った。  

Posted by chi at 13:56Comments(0)