さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

ログインヘルプ


2019年10月30日

小菊



玄関脇の小菊が咲きはじめた。下の葉は枯れはじめている。  

Posted by chi at 16:22Comments(1)

2019年10月28日

シジュウカラ

  

  家の前のイタヤカエデやミズナラの木はほとんど葉を落とし、
 見透しのよくなった枝に、ひょいとシジュウカラが飛んできた。  

Posted by chi at 13:16Comments(0)

2019年10月27日

ハマナス

   

     今年のハマナスの果実は大きい。  

Posted by chi at 16:42Comments(0)

2019年10月25日

キンミズヒキ

 

 一日家を空けただけなのに、木の葉が驚くほど吹き溜まっていた。
今日も、風に乗って葉が舞い落ちる。道端のキンミズヒキの葉が真っ赤になっていた。
近寄って見ているうちに渋い緑色の実が上着の裾にくっついていた。ヒッツキグサと
言われるだけあって、ひっついたら簡単にとれない。  

Posted by chi at 13:46Comments(0)

2019年10月20日

キクイモ

   

  二度の霜にもめげずにキクイモが咲いている。枯れた草の中での立ち姿は凜々しい。
 「ドナルド・リーチ自伝」読み終えた。  

Posted by chi at 14:50Comments(0)

2019年10月19日

野ぶどう

 

江別の和子さんがブログで時々、野ぶどうの写真を載せている。
実が黄緑、靑、紫と色とりどりで宝石のように美しい。
それに引き替え、わが家のは薄紫のがパラパラと
ついているだけで淋しい。でもきれいだなと見ている。  

Posted by chi at 13:53Comments(0)

2019年10月18日

みかん

  

 はしりのみかんは味が淡泊だが瑞々しい。  

Posted by chi at 15:11Comments(0)

2019年10月17日

カラス

  

 今朝も電線のカラスを見た。じっとしていた。
家の前にとんでくる野鳥を見かけることが少なった今、
カラスの存在が大きく、描いてみたくもなる。
 先日、だて歴史文化ミュージアムでの野本醇展を観てきた。
カラスを描いている絵があって、とてもよかった。
  

Posted by chi at 13:29Comments(0)

2019年10月16日

アジサイ

  

 今朝は吐く息が白かった。日毎に紅葉がすすみ、気温が下がってくる。晴れているかと
思えば急に雨が降り出したりの時雨模様の一日になる。庭のアジサイは色を深めている。  

Posted by chi at 15:40Comments(0)

2019年10月11日

鯛焼き

  

 鯛焼きを見るとつい「およげたいやきくん」を口遊んでしまう。
昨日と今日はこんぴらさんのお祭りで街は賑わっていることだろう。
  

Posted by chi at 13:22Comments(0)

2019年10月10日

ニセコアンヌプリ

 

 羊蹄山に2度目の雪がきていた。冷えた朝の空は雲ひとつ無いと思いつゝ
ニセコアンヌプリに目を移すとふんわりと綿帽子を載せていた。雲がひとつあった。  

Posted by chi at 13:52Comments(0)

2019年10月09日

カボチャ

  

 ほっとけ栗たんを食味することにした。床に新聞紙を厚く敷いてカボチャを置き、
包丁の刃先を上から刺し通す、それを下にグイッと引きおろす。
半分に割ったところで種子をスプーンでえぐり出す。更に気を引き締めて切り分ける。
この種子は干して食べることにする。ほくほくの煮付けが出来上がった。  

Posted by chi at 14:00Comments(0)

2019年10月08日

カボチャ

   

 大きく重みのあるカボチャをひとつ抱えてきた人から手渡されたのは「ほっとけ栗たん」
というネーミングだった。子蔓の発生が少ないので手間がかからないのだという。
果肉が厚くて濃黄色でほくほくしているということなので、食べるのが楽しみだ。  

Posted by chi at 15:37Comments(1)

2019年10月05日

キタコブシ



 遠くから見ると赤い花房をつけているような大木があって、近づいていくとキタコブシだった。
落ちている果実を拾う。中には、黒い種子があってハート型をしていた。
 昨夜、テレビで見たいと思っていた映画「グリーンブック」を観た。いい映画だった。  

Posted by chi at 13:59Comments(0)

2019年10月04日

栗きんとん

 

 美濃中津川の栗きんとんが届いた。「包みを開けると小さな菓子がきょとんと出てくる 
飾りといえば絞った布巾のあとが唯一の飾り」と品書きにある通りの素朴さがいい。
むかし、この中津川の町を通り宿場から宿場へと木曽路を歩いたことを思い出す。  

Posted by chi at 13:51Comments(0)

2019年10月03日

シュウメイギク

  

  イタヤカエデの葉が色付きはじめ、シラカバの枯れ葉が風に乗って舞い落ちる。
 庭の草木はすっかり秋色に変わってしまった。シュウメイギクが咲き乱れている。  

Posted by chi at 16:55Comments(0)

2019年10月02日

   

 好物の柿が出まわりはじめたので、さっそく買って食べた。
随分前の事だが、母の生まれ育った地へ行ったことがある。丁度、今くらいの
時季で、たわわに実った柿の木の間を、電車で通過したことが思い出される。  

Posted by chi at 14:03Comments(0)