さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2017年10月13日

リース

     

  昨夜はエスティギャラリーでピアノとパーカッションのライブがあり、
秋の夜長を楽しんだ。その折にたまみちゃんから果実に色の残っている
フウセンカズラのリースを貰った。自宅の庭に生えているのを丸めたという。
玄関に飾ろう。黒い種子が3個入っていた。  

Posted by chi at 13:09Comments(0)

2017年10月11日

ホトトギス

  

  居間の窓越しにイタヤカエデの見事な黄葉を眺めている。風も
 ないのに黄色い葉がはらりはらりと落ちる。散り急がないでほしい。
 軒下のホトトギスが咲いている。つぼみをたくさんつけているので、
 強い霜や雪がこなければいいのだがと空を見上げると雨が落ちてきた。   

Posted by chi at 13:56Comments(0)

2017年10月09日

カボチャ

    

 となりの家では入り口に大きなカボチャを置いてある。
しあわせを呼びこんでいるようにでんと座っているのが面白い。
昨日は、となり町のニセコで、ハロウィン2017のイベントを
やって賑やかだったらしい。  

Posted by chi at 13:45Comments(0)

2017年10月08日

ワラビ

     

 夜のうちに降った雨で地面が濡れていた。空気がしっとりして歩くには気持ちがよかった。
国道へ出る手前のカラマツ林は落葉がはじまっていて、黄色い針のような葉は靴底に柔らかい。
道のへりに咲き残りのゲンノショウコやキンミズヒキにまじってワラビの葉が枯れ葉色に変わって美しい。  

Posted by chi at 14:09Comments(0)

2017年10月06日

キンエノコログサ

  

  山に雪が来ると気がせかされる。軒下のススキ、エゾヤマハギ、
セイタカアワダチソウを朝のうちに刈りとった。シュウメイギクや
ホトトギスは花をつけているので置いておく。
 柔らかい日差しの中でキンエノコログサが黄金色にひかっている。  

Posted by chi at 13:51Comments(0)

2017年10月03日

和歌山の柿



      

 柿の時季に旅をしたことがあった。伊賀の里、家の軒先に大きな
柿の木があったこと、奈良飛鳥の里で段丘の柿畑を思い出す。
この柿は、和歌山紀ノ川のもので甘い。  

Posted by chi at 14:02Comments(0)

2017年10月02日

オオハンゴンソウ

 

    オオハンゴンソウが花びらを散らしている。  

Posted by chi at 13:43Comments(0)

2017年10月01日

コウゾリナ

    

 霜の予報は出ていたがそれ程の冷えこみはなかった。
道沿いのイタドリは葉を落とし枯れ草が目立つようになったなかで、コウゾリナは
分岐した茎の先に花をつけ、いまだに咲き続けている。朝のうちは閉じているが、
太陽のひかりに細い花びらが反り返ってかわいらしい。  

Posted by chi at 14:04Comments(0)

2017年09月29日

雪晃木

 

 羊蹄山に雪がきた。空気が入れ変わり寒気きを肌で感じる。
庭の雪晃木の白い実が目につく。葉を落とすのはまだ先のこと。  

Posted by chi at 13:48Comments(0)

2017年09月27日

しそ

  

 ついこのあいだ、青しその葉を摘んだときは花がついていなかったのに、
今朝見たら花がたくさんついていた。少しのあいだにも植物は変わっていくことに驚く。
葉も花もてんぷらにして食べよう。  

Posted by chi at 16:25Comments(0)

2017年09月26日

ジギタリス

  

 朝露がふくんでいるうちに、家への入り口の草を刈りとった。
その中にジギタリスの咲き残りが一輪あって台所の窓辺に置いた。
三浦しをんの「ぐるぐる博物館」を読む。その中で風俗博物館や
ボタン博物館があって行ってみたくなった。  

Posted by chi at 14:06Comments(0)

2017年09月23日

西洋梨

     

 西洋なしの青いのをテーブルに置いて数日待った。黄色味を帯びて
きたので食べる。果肉が柔らかい。お彼岸の中日なので線香を焚く。  

Posted by chi at 13:51Comments(0)

2017年09月22日

ハンノキ

     

  やっと天気が安定して太陽がまぶしい。吹く風に少し紅葉しはじめた
 シラカンバがゆれている。ハンノキの落ちた小枝の果穂はまだ青い。
 目の前を飛ぶトンボの羽根が光った。  

Posted by chi at 13:56Comments(0)

2017年09月19日

ナナカマド

     

 台風が通り過ぎた後、吹きちぎられた木の枝や葉が散乱している。ナナカマドの
実もたくさん落ちていた。台風の余波で、今日の天気は不安定で時々雨がくる。  

Posted by chi at 15:50Comments(0)

2017年09月16日

プルーン

     

 朝の空気は冷えている。気持ちや身体がひきしまる。息を吸うと煙の匂いがした。
どこか近くで薪ストーブに火をいれたようだ。寒暖の差が大きいのでプルーンが甘い。  

Posted by chi at 13:13Comments(0)

2017年09月13日

ノラニンジン

   

 向かいの蕎麦畑は刈りとられ、ちょっと先のじゃがいも畑は収穫作業の真っ最中だ。
玉葱畑は、一昨日機械が入っていた。穫り入れも終わりに近づいている。道端の花が
残り少ないなかで、ノラニンジンは実を結ぼうとしていると、脇から出た枝に花が
ついていて両方楽しむことができる。  

Posted by chi at 13:28Comments(0)

2017年09月12日

茎ブロッコリー

  

 雨が降って急に寒くなった。羊蹄山は紅葉がすすんでいるようで、あと半月も経つと雪がくるだろう。
ともだちの菜園でとれた茎ブロッコリーをもらう。つぼみとは味が違い茎がおいしい。  

Posted by chi at 13:46Comments(0)

2017年09月11日

らくようきのこ

    

 家のうらへ廻ったら、ラクヨウキノコが出ていた。初収穫である。
今夜の味噌汁に入れよう。毎日何かしら秋のものを食べている。  

Posted by chi at 14:00Comments(0)

2017年09月10日

枝豆

     

 昨日は洞爺湖芸術館へ秋の特別展を観にいってきた。
「阿部典英展・ドンガラガッタン・ア・ラ・カルト」は遊び心満載の作品であふれかえっていた。
阿部さんのお話は楽しく驚きと笑いに会場がどよめいた。館から見える洞爺湖は青い空を映し
キラキラ輝いていた。  枝豆を貰う、さっそくゆでて冷えたビールと食す。いい一日だった。  

Posted by chi at 14:23Comments(0)

2017年09月07日

クルミ

     

 クルミの実が家を出たところの道路に転がっている。実の落ちる時季がきたのだと大きな樹を見上げた。今日も空は靑い。  

Posted by chi at 13:16Comments(0)