さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2013年06月26日

草の実




 春一番に花をつけていたエンレイソウやカタクリが実をつけている。
時は移ろい、6月もじきに終わろうとしている。エゾハルゼミの声は
途絶え、いまはニセアカシアの白い花房が青い空に映える。  

Posted by chi at 13:27Comments(0)

2013年06月22日

おみやげ

  


 おみやげ「横濱ハーバー マロンケーキ」白あんに栗の入った焼き菓子で、ボートの形を
している。SHOKOさんが船のふくらみがへこんでしまったかも知れないと心配そうに
言ったけれど・・・その通りでへこんでいた。でも、とてもおいしかった。
 夏至がすぎて、これからは1日ずつ日が短くなる。  

Posted by chi at 13:35Comments(0)

2013年06月21日

ミヤコワスレ

      


 山暮らしが長い。ミヤコワスレの花が咲くと「住めば都」という言葉がうかぶ。  

Posted by chi at 13:32Comments(0)

2013年06月20日




 今朝、知人が届けてくれたフキは、ニセコ町宮田で採ってきたのだという。
足寄のラワンブキにも負けないくらい長くて太く青々としている。
包丁をいれるとさくっと切れた。フキご飯を作ってみよう。  

Posted by chi at 13:32Comments(0)

2013年06月19日

プリンとヨーグルト

   


 余市のミルク工房カウベルの果実プリンとヨーグルトは新鮮な
生乳からできていて、6月の空のように爽やかな味がする。
 すぐそばの木でボボ ボボ ボボとツツドリがないた。  

Posted by chi at 13:19Comments(0)

2013年06月17日

ハイキンポウゲ




 ハイキンポウゲは、花びらがまるでコーティングした
ように艶がありひかっている。蝶を誘っているのだろうか。  

Posted by chi at 13:48Comments(0)

2013年06月16日

レタス



   新鮮なレタス、葉が生きている。  

Posted by chi at 13:41Comments(0)

2013年06月15日

アヤメ


      


 午前中降っていた雨が上がって青空が見えてきたと思ったら、
エゾハルゼミがいっせいになきだした。
 三寸程のアヤメがほかの草に紛れるように咲いている。  

Posted by chi at 13:36Comments(0)

2013年06月14日

ヤマブキ




 晴天の記録をうちどめにした雨が朝にさあっと降った。
草木がしっとりと濡れ、緑が濃くみえる。
 庭の一画をしめているヤマブキが、上にのびずに
地を這うようにしてたくさんの花をつけた。  

Posted by chi at 13:32Comments(0)

2013年06月12日

モビール

     


 うらの雑木林を抜けてくる緑の風が、リビングの天井から提げている
モビールを揺らす。鳥は飛びまくり、鯨は泳ぐのを飽きずに眺めている。  

Posted by chi at 13:33Comments(0)

2013年06月11日

シバザクラ

 


 群生したシバザクラで斜面をいろどり、観光客をよんでいる町の
ニュースを見かける。いまが見頃ということだが、うちのは個々が
あちらこちらとすきなところに生えていて一輪一輪がとてもかわいい。
 エゾハルゼミが朝から絶え間なくないている。  

Posted by chi at 13:31Comments(0)

2013年06月10日

ホワイトアスパラ

 
 


 規格外のホワイトアスパラだが、味は変わりがない。
畑からの採りたてなので、しゃきっとしてほの甘い。
 五つ程ある植木鉢を一回り大きいのに取りかえ、土も入れかえた。
これで、ミニバラやカーネーションの花付きがよくなるだろう。
 今日もいい天気だ。  

Posted by chi at 13:30Comments(0)

2013年06月09日

パイナップル

    


 今日食べようか、いや明日にしようと思いつゝ、
テーブルの上に置いてあるパイナップルを見ている。
部屋の中には甘い匂いが漂っている。  

Posted by chi at 13:27Comments(0)

2013年06月08日

スミレ

     


 スミレの可憐さは、どの花ともくらべようがないように思う。
”すみれのは〜な咲く頃・・・・”をくちずさんでみる。  

Posted by chi at 13:36Comments(0)

2013年06月06日

ウド




 日当たりのよいところのウドが、大木になりつゝあり葉を繁らせている。
根元近くの茎の色合いがうつくしい。皮を厚くむくと中は白くて柔らかく、
酢味噌あえにして香りを楽しみながら食べた。うらの林からエゾハルゼミの声がした。  

Posted by chi at 13:24Comments(0)

2013年06月05日

チゴユリ


 


 居間の窓ごしに軒下の花畑を日に何度となく見るのがたのしみ。
いまはシバザクラとチゴユリが咲いている。ユキヤナギは枝折れ
しつつも白い小花をつけ、スズランはつぼみをもった。
モンシロチョウがひらひらと目の前をよぎった。  

Posted by chi at 13:36Comments(0)

2013年06月04日

チューリップ


     


 チューリップがかたく閉じた口を開くのは、朝の太陽が高みに
昇ってからのことだ。それもゆっくりと静にほどけていく。
 このところの陽気で山の雪はやせていき、羊蹄山の残雪は
白鳥が大きく羽根をひろげて、とんでいるように見える。  

Posted by chi at 13:58Comments(0)

2013年06月03日

ペパーミント

     


 ペパーミント・ティーを飲みたくなるような爽やかな日、庭のミントを摘む。  

Posted by chi at 14:36Comments(0)

2013年06月02日

ドーナツ


  


 ミスタードーナツをもらった。チョコレートが好きな私は、8個あるドーナツの中から
とろりとかかっているのを選んだ。いろいろあるけれど、どれもなつかしい味がする。  

Posted by chi at 13:33Comments(0)

2013年06月01日

ペンペン草

     


 道路脇のナズナが花と果実をつけている。果実が三味線のバチに似て
いるので三味線草といわれたり、ペンペン草とも呼ばれたりしている。
子供の頃に、このバチをたたきあわせて遊んだことをおもい出す。  

Posted by chi at 15:47Comments(0)