さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2017年12月27日

絵本「旅する風」

  

 新宮晋「旅する風」ポップアップ絵本を買った。3センチの厚さがあってページをめくると
立体の花や鳥や兎がとび出したり、大きな木が立ちあがって葉をゆらす。なんと楽しい絵本だ。
これを見ながらいい年越しをしよう。外は相変わらずの雪降り。  

Posted by chi at 13:56Comments(0)

2017年12月26日

12月26日の記事

  

 きれいな色のリンゴ。食べてしまうのが惜しい気がして眺めている。春のあけぼの色の空を想う。  

Posted by chi at 14:11Comments(0)

2017年12月24日

朴の木



 寒さも雪もひと休みということで気が休まる。うらの沢のへりに大きな朴の
木がある。冬芽は硬い表情をしているが小枝の葉痕が人面に見えたりして面白い。  

Posted by chi at 13:53Comments(0)

2017年12月23日

矢切葱

     

 松戸名産の矢切葱が届いた。太くて長くて美しい。このすばらしい葱を食することに感謝。  

Posted by chi at 15:32Comments(0)

2017年12月22日

毛糸

     

 冬至なのでカボチャのお汁粉を食べた。風邪を引かないで快適に冬を過ごせるだろう。
 良子さんから手紡ぎの毛糸をもらった。葉わさびで染めたということで優しい色合いをしている。
何を編もうかと考え中。  

Posted by chi at 14:00Comments(0)

2017年12月21日

オオカメノキ

   

 昨日はこの冬はじめてスキーをはいてうらの林の中を歩いてみた。
クマザサが雪の下にかくれて歩きやすいが、新雪にスキーが埋もれて滑らなかった。
赤黒い実をつけている低木があったので手折ってきて調べてみたら、オオカメノキだった。
春に白い花をつけていただろうに知らなかった。  

Posted by chi at 13:24Comments(0)

2017年12月20日

干椎茸

    

 年の暮れが近づいてなんとなく落ち着かない。
家の中の汚れが目についたところから拭いたり掃いたりしている。
スーパーのちらしには、すでに豪華なおせち料理が並んでいて溜息が出る。
買い置きしていいもの、干椎茸やタケノコ、栗の甘露煮を買った。  

Posted by chi at 13:50Comments(0)

2017年12月18日

ヒヨドリ

     

 雪の降る日が続く。ここでは、こんな日々が当たり前の風景になっている。
家の前、シラカバの木にからみついているツルウメモドキにヒヨドリが飛んできた。  

Posted by chi at 13:47Comments(0)

2017年12月15日

リース

    

 クリスマスにむけて、ふうせんかづらのリースにトドマツの緑、ホオズキと
ナナカマドの赤い実、枯れたアジサイをあしらって内玄関の扉につけた。
あけしめする度に目に入り満足している。
 朝からパンの生地をこねて昼食に間に合わせた。うまく焼けた。  

Posted by chi at 13:45Comments(0)

2017年12月13日

松に雪

    

 この冬一番の積雪で隣地との境にあるトドマツがこんもりと雪をのせていた。
明け方に細い月がぼんやりと見えていたのに、今は鉛色の空から雪がゆっくり落ちている。  

Posted by chi at 14:54Comments(0)

2017年12月12日

ゆり根

    

 真狩のゆり根は大きくてしっかりしている。まずは外側から一枚づつ剥がしてんぷらで食べた。
昼食は、朝のうちからピザの生地をこねて置き、ゆり根、ベーコン、トマト、チーズをのせて焼いた。
オーブンを開けた時のとろけたチーズとへりのこげ色には興奮する。
 雪が降っている、密度の濃い降り方だ。  

Posted by chi at 14:53Comments(0)

2017年12月10日

紅マドンナ

    

 瑞々しいものに出会う。愛媛の紅マドンナが目の前にある。
オレンジ色が濃くて大きいのは10センチほどある。ネーミングがいい  

Posted by chi at 14:07Comments(0)

2017年12月08日

ハシブトガラ

    

 青空がひろがった、こういう天気予報のはずれはうれしい。前の木立にハシブトガラや
シジュウカラが飛んできて枝から枝へと飛び交い雪片をおとしていた。  

Posted by chi at 14:06Comments(0)

2017年12月06日

干し柿

    

 伊達の干し柿がある。よく干せてているので固く味が凝縮して甘味がつよい。
実を揉むようにして食べた。このところ、乾せたホオズキに押し葉にこの干し柿に、
水気のないものばかり目につく。たまに瑞々しいものを目にしたものだ。  

Posted by chi at 13:43Comments(0)

2017年12月05日

押し葉

     

 札幌のともだちからの便りのなかに、押し葉が入っていた。白い紙の上に置いて
眺めている。百合が原公園の近くに住まいがあり、散歩の時のものだと言う。
私もきれいな花や葉の色をとどめたいと思うことがよくある。  

Posted by chi at 13:50Comments(0)

2017年12月04日

羊蹄山

     

 羊蹄山の頂上は雲の中だったけれど山裾まで見えたのは久しぶりのこと。
夜明けがはじまると空がオレンジ色に染まった。  

Posted by chi at 13:43

2017年12月03日

アジサイ

     

 庭のアジサイをドライにしてリースを作った友だちから、使い残しを貰った。
テーブルにのせて眺めている。
 昨日は小川原脩記念美術館で新展示のオープニングがあって行ってきた。
徳丸晋の写真展は、半月湖の水面を写したもので、壁面いっぱいの252x475cmは
圧巻だった。じっと見つめていると、画面がゆらいでくらっとした。自然の色は素晴らしい。  

Posted by chi at 14:07Comments(0)

2017年12月01日

柚子

    

 12月に入ったと思っただけで寒さが身にしみる。柚子がある、お風呂に浮かべてあたたまろうか。  

Posted by chi at 13:49Comments(0)